ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

五輪の亡霊と戦い続けるブラジル 2年後のW杯に暗雲漂う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「五輪の亡霊」ですか…まぁ確かにここまでくると、そういう風にも考えたくなりますね。でも、次回はホームのリオですからね。ここで気持ちよく初の金メダル!といくでしょう、きっと^^

—————————————————————————————————
■五輪の亡霊と戦い続けるブラジル 2年後のW杯に暗雲漂う

■サッカー大国に縁遠い金メダル

 国自体がサッカーそのものを意味し、最多5度のワールドカップ(W杯)とあらゆるユースカテゴリーのタイトルを獲得し、世界中のファンがそのプレーを堪能できる素晴らしい選手を多数生みだしてきたブラジルが、いまだに五輪で金メダルを獲ったことがないという事実は理解に苦しむ。

 1908年のロンドン五輪でサッカーが五輪の公式種目となって以来、ブラジルはこれまで23回もあったチャンスを一度も生かすことができていない。史上3度目となる英国の首都で行われた今回の五輪でも、カナリア軍団はロサンゼルスでフランスに敗れた84年大会、そして4年後のソウル大会でソビエト連邦に敗れて以来3度目となる決勝で涙をのんだ。

 新たに生まれ変わったウェンブリースタジアムでメキシコに喫した1-2の敗戦は、ブラジルにとって過去2回の決勝以上にショッキングなものだった。優勝候補の筆頭に挙げられていただけでなく、ライバルとなり得る他の強豪国が各大陸予選や1次リーグで軒並み敗退していたからだ。

 つまり自国開催で迎える2年後のW杯でも主力となるだろう強力なメンバーをそろえたブラジルは、今回初めてメダル争いのライバルであるスペインやウルグアイ、そして史上初めてイングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズの合同チームで挑んだホスト国英国(※実際はイングランド、ウェールズの合同チーム。スコットランド、北アイルランドからは選出されず)らと対戦することなく、金メダルを懸けた決勝にたどり着いたのである。ユーロ(欧州選手権)2012優勝メンバーと昨年のU-21欧州選手権優勝メンバーを組み合わせたチームで挑んだスペイン、経験豊富なオスカル・タバレス監督が率い、エディソン・カバーニやルイス・スアレスを擁したウルグアイは共に、驚くべきことに1次リーグを突破することすらできなかった。

 ブラジルが今回ほど五輪の準備に力を入れたことはこれまでほとんどなかった。五輪は南米予選から厳しく、常にブラジルは2度の優勝経験を持つアルゼンチンとウルグアイをはじめ、00年シドニー大会銅メダルのチリ、04年アテネ大会銀メダルのパラグアイらとわずか2つの出場枠を争ってきた。

 その予選で優勝した今回は才能豊かな選手を多数擁し、また十分な準備期間もあったことで今まで以上にチャンスがあると期待されていた。その期待は本大会が進み、ライバル国の多くが敗退していくにつれて大きくなっていった。

■才能豊かなタレントはそろっていたが

 今大会のブラジルには同国のエンブレム的存在であるネイマールがいた。バルセロナへの移籍が内定していると言われている彼がまだヨーロッパでプレーしていないのは、ブラジルサッカー協会(CBF)が同国のサッカー界と関係の深いバルセロナのサンドロ・ロセイ会長に対し、自国開催の14年W杯までブラジル国内でプレーさせたいと懇願しているからだと言われている。

 そのネイマールに加え、両サイドバックにはマンチェスター・ユナイテッドのラファエルとレアル・マドリーのマルセロ、センターバックには今夏ミランからパリ・サンジェルマンに移籍したチアゴ・シウバ、中盤には近い将来にスター選手になるだろうオスカルとサントスでネイマールとともにプレーするガンソ、前線には6得点を挙げ大会得点王となったレアンドロ・ダミアンがいた。

 しかし、今大会でブラジルが見せたサッカーは得点力こそあるもののゲームの構成力に欠けるもので、1次リーグ突破に苦労しただけでなく、ホンジュラスとの準々決勝では2度のリードを許すなど冷や汗をかかされた。それでも韓国を3-0で破った準決勝の後には多くの人々がW杯の必勝パターン、つまり決勝で最高の試合をして優勝を遂げることを期待しはじめた。

 だが現実は違った。豊富なキャリアを持ち、冷静沈着かつ厳格な監督であるルイス・フェルナンド・テナ率いるメキシコは非常に手ごわい相手で、開始から1分もたたずにオリベ・ペラルタに先制点を決められてしまう。

 巧妙なメキシコはこのリードを後半まで保った後、再びオリベ・ペラルタのゴールによりリードを2点に広げた。一方のブラジルはピッチのあらゆるところで厳しいプレッシャーをかけてくる相手のプレスに苦しんで自分たちのプレーを見失い、終了間際にフッキのゴールでわずかな希望を見いだすことしかできなかった。

■思わぬ敗戦でメネゼス監督の進退も危うい

 84年や88年大会の失敗、準決勝ナイジェリア戦で3-4という信じられない形で敗れた96年アトランタ大会、ロナウジーニョ率いるチームがリオネル・メッシとセルヒオ・アグエロ擁するアルゼンチンとの準決勝で0-3と完敗した北京大会に続き、またも金メダル獲得の機会を逃したブラジルは大きな落胆に包まれた。

 今回の敗戦は厳しい反響をもたらすかもしれない。これまで大きな成功(11年のコパ・アメリカも不振に終わった)を手にできておらず、何人かのベテランを加えて13年に地元開催のコンフェデレーションズでばん回を期す若いチームに対する信頼はもとより、14年W杯そのものへ向けた期待感も損なわれかねない。

 すでに一部メディアから疑問の目を向けられていたマノ・メネゼス監督は、果たして続投するのだろうか。今回のメキシコ戦の予期せぬ敗戦は指揮官の任期を縮めることになるかもしれない。W杯では同じく地元開催だった50年大会の決勝でウルグアイに痛恨の敗戦(1-2)を喫しているだけに、次回こそは何が何でも勝たなければならないからだ。

 いまだ金メダルに手が届かないに五輪サッカーについては、16年のリオデジャネイロ五輪に向けて新たなページをめくる時が来た。同じく地元開催となる4年後の大会に向けては、新たな選手たちをベースに、新たな希望がもたらされるはずだ。

<了>

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/14brazil/text/201208150011-spnavi.html