ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル株:米州で最大の上昇-小売売上高が予想外の増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




小売の伸びの影響で、ボベスパ指数が米州で最大の上げ幅だったそうです。おぉー、政府の景気刺激策が効いている、という評価のようですね、素晴らしい…^^

—————————————————————————————————
■ブラジル株:米州で最大の上昇-小売売上高が予想外の増加

8月16日(ブルームバーグ):16日のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数が上昇。米州の主要株価指数で最大の上げ幅となった。国内の小売売上高が予想に反して増加し、政府の景気刺激策が経済を下支えしているとの見方が広がった。

住宅建設会社のPDGレアルティが10%高、ガフィーザが5.8%高と、内需関連株の上げを主導。また、衣料小売りのエーリングは3.5%上昇し、3年ぶり高値を付けた。原油価格が3カ月ぶりにバレル当たり95ドル台を回復したことを受け、ブラジル石油公社(ペトロブラス)は2%高と続伸した。

ボぺスパ指数は前日比2.2%高の59445.79と、5月10日以来の高値で終了した。指数構成銘柄のうち上昇が61銘柄、下落は4銘柄。通貨レアルはサンパウロ時間16日午後5時43分(日本時間17日午前5時43分)現在、0.2%高の1ドル=2.0186レアル。

ジェラルド・コレア・コレトラのアナリスト、サンドロ・フェルナンデス氏は電話取材に対し、「ブラジルの第2四半期の企業決算が期待外れの内容となったことで投資家は慎重な姿勢を取ってきたが、現在は年内に予想されている回復が実現する兆しが見えている」と述べた。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M8VBJG6TTDVG01.html