ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ネット上で書類申請 聖州の登記所が電子化推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




どこに行っても行列で待たされるブラジルですが(笑)、カルトーリオがネットからの申請に対応だそうです。これは助かりますねー。こういった対応、ぜひ他領域にも普及すると良いなと思います。

—————————————————————————————————
■ネット上で書類申請 聖州の登記所が電子化推進

 聖州内の登記所(カルトーリオ)では10日から、出生、婚姻、死亡などの各種証明書の再交付(セグンダ・ビア)申請がインターネット上で可能になった。同日付フォーリャ、エスタード両紙が報じた。

従来の再交付手続きは、届け出をした登記所で申請しなければならなかったが、窓口が混雑していることが多く、登記所から遠く離れた場所に引っ越した市民からも不便だという声が上がっていた。

公式サイト(www.registrocivil.org.br)では、必要な証明書の内容をパソコンの画面で確認して再交付を申請するだけで、新しい証明書が自宅に郵送される。

また、送付先を最寄りの登記所に指定することもできるという。なお、パソコンの画面で表示された証明書を自宅で印刷しても正式な証明書として用いることは不可能なため、注意が必要だ。

交付料金は、1件当たり22・05レアルで、支払い方法はクレジット・カード、デビット・カード、銀行振り込み用紙(ボレット)から選択できる。

聖州内の登記所876カ所では、保管している書類の電子化を進めており、年内に2005年以降の届け出を、14年までに1976年以降の届け出についての証明書をデータベースに保存するとしている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10050/menu/9/cat/1