ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル中銀総裁、「今後数四半期で経済成長加速」と指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「数四半期で」とのことですが、今まではこの下半期にとも言っていたような気がするので、それよりは少し遅くなりそう、という事なんですかね。でも今後数年感持続成長が期待出来るそうです。

—————————————————————————————————
■ブラジル中銀総裁、「今後数四半期で経済成長加速」と指摘

 ブラジル中央銀行のトンビニ総裁は前週末に開かれた経済界との懇談会で、ブラジル経済の見通しについて、「今後数四半期で経済成長ペースが加速する可能性が高い」と述べたうえで、「我が国経済のファンダメンタルズは堅調で、今後数年間、持続成長が期待できる」と景気の先行きに楽観的な見方を示した。中南米専門の通信社メルコプレス(電子版)が18日に伝えた。

 同国の第1四半期(1-3月)GDP(国内総生産)伸び率は前年同期比0.8%増と伸びが鈍化したが、大方のエコノミストは下期(7-12月)に伸びが加速しても今年は1.8%増にとどまると予想している。ただ、来年は4%増に加速するとの見方が強い。

 同総裁は、成長加速の根拠として、家計や企業の借り入れの拡大で景気が押し上げられるほか、これまでの低金利政策の効果で市中の信用供与額の伸びが見込めること、さらには新規雇用の着実な増加で家計所得が増加していることを挙げている。中銀の利下げは1年前から続いており、政策金利である翌日物金利誘導目標は昨年ピーク時の12.5%から現在は8%にまで低下した。

 また、同総裁は、政府が景気刺激策として電力会社に対する減税も検討しており、これによって電力料金が下がれば製造業の拡大が期待できると述べている。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0820%2Fstockname_0820_003%2F0%2F1/