ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルの12年の成長予想、3週連続引き下げ-エコノミスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




はい、でました。もはや「毎週恒例」と定例行事化してないですよね?とツッコミたくなるような話ですが、3週連続でGDP伸び率予想が引き下げられたそうです。さて、来週はいかに!?笑

—————————————————————————————————
■ブラジルの12年の成長予想、3週連続引き下げ-エコノミスト

  8月20日(ブルームバーグ):ブラジルを担当するアナリストは、2012年の同国の経済成長見通しを3週連続で下方修正した。ブラジル経済の勢いが加速する最近の兆しにもかかわらず、見通しを引き下げた。

ブラジル中央銀行がアナリスト約100人を対象に実施し、20日結果を公表した調査によれば、今年の国内総生産(GDP)伸び率の予想中央値は1.75%と、前週の1.81%を下回った。5月7日以降の15週で下方修正は13回目。残る2回は成長見通しが据え置かれた。

ブラジルは昨年8月以降、中銀が経済成長を後押しするために政策金利を過去最低水準の8%に引き下げる一方、銀行に融資の拡大を求め、消費財の減税を実施した。キャピタル・エコノミクスの新興市場担当チーフエコノミスト、ニール・シアリング氏は、一連の措置が消費需要を刺激しつつある可能性を最近の経済指標は示唆していると分析。ただ、他の要因が景気拡大を抑えているようだと指摘した。

同氏は電話取材に対し、「需要サイドはこのところ強い。しかし、競争力の欠如や場合によっては生産能力の不足のため、供給サイドは相当苦戦しているようだ」と述べた。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M9373J6JTSEZ01.html