ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル政府、国内IT・ソフト市場拡大目指し170億円投資へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




IT・ソフト市場への投資、いいですね!金額的にはそこまで大きくないのかなーと少し残念な印象もなくもないですが、とはいえ、ゼロよりはマシですしね。しかし昨年1.2兆円が、10年で16兆まで増やす、と。すごいですね。

—————————————————————————————————
■ブラジル政府、国内IT・ソフト市場拡大目指し170億円投資へ

 ブラジル科学技術省(MCTI)は20日、国内のIT(情報技術)・ソフトウエア産業の振興を目指して、12-15年の4年間に計4億3100万レアル(約170億円)の投資を行う方針を明らかにした。オ・エスタド・ジ・サンパウロ紙(電子版)などが伝えた。

 振興策は、教育や国防、サイバーテロ、石油・ガス、スポーツ競技、農業、環境、金融、インターネットを使って様々な機能を提供するクラウド・コンピューティング、携帯電話サービス、インターネット、デジタルゲーム、先進コンピューターシステムなどの各分野でのソフト開発支援として約4億ルピア(約157億円)を投じる。

 このほか、ハイテク・ベンチャー150社(うち25%は国内の外国企業)に4000万レアル(約16億円)を投資する。また、政府による国産ソフトの購入を拡大するため、IT・ソフト関連の中小企業の政府調達への参加を認可するほか、米シリコンバレーなど国外4カ所に技術開発センターを設置、さらには5万人規模のIT・ソフト職業訓練を行う。これらの措置によって、今後10年間で90万人の雇用創出と、IT・ソフト市場の2000億ドル(約15兆9000億円)への拡大を目指す。

 昨年のブラジルのIT・ソフト市場の規模は145億ドル(約1兆1500億円)だが、このうち91%は低付加価値のサービスで占められているのが現状だ。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0822%2Fstockname_0822_014%2F0%2F1/