ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

サービス部門がインフレ指数を牽引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




インフレはサービス業と自動車の影響が強く出ているようです。過去1年間で5.37%と、中央目標値4.5%からはまだまだ高い水準ですね。。。

—————————————————————————————————
■サービス部門がインフレ指数を牽引

8月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は、サービス部門並びに自動車価格の値上がりが牽引して0.39%と上昇に転じて、消費拡大傾向となってきている。

今年のIPCA-15指数は3.32%、過去12カ月間では5.37%と連邦政府の中央目標値4.5%を大幅に上回っているが、上限目標値6.5%は下回っている。

新車購入向け工業製品税(IPI)の減税政策の延長で7月までの新車価格は減少傾向にあったが、8月の新車価格は0.04%増加、7月の新車価格は2.74%減少していた。

また7月の中古自動車の価格は、新車の価格減少に伴って2.45%と大幅に減少、しかし8月は0.15%の減少に留まっており、また8月のサービス部門のインフレ指数は0.61%となっている。

ジェツリオ・ヴァルガス財団のブラジル経済協会(Ibre/FGV)のエコノミストのサムエル・ペソア氏はインフレ圧力が増加してきているために、中銀による政策誘導金利(Selic)の切り下げは0.25%に留まって、年末は7.75%を予想している。

Rosenberg&Associadosのプリシーラ・ゴドイ氏は、食品価格の値上がりは以前ほどインフレ指数を押し上げる要因にはなっていないにも関わらず、新車購入向けIPI税の減税は今月末で中止される影響で再度新車価格が押し上げられるために、年末のインフレ指数を5.1%と予想している。

Besi Brasil社のシニアエコノミストのフラヴィオ・セラノ氏は、下半期の国内経済は金利の引き下げ効果の表面化並びに連邦政府の経済活性化政策の導入などで、インフレ圧力が強まるために年末のインフレ指数を5.2%と予想している。(2012年8月23日付けエスタード紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-politica/?materia=10572