ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

貴重な存在、ベリーズのマナティー調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラジル沿岸を遊泳しているマナティーだそうです。国際自然保護連合のレッドリストに絶滅危惧類として記載されているようです。見た目もかわいいので(?)絶滅させないようにしないといけないですね^^

—————————————————————————————————
■貴重な存在、ベリーズのマナティー調査

 ブラジルの沿岸海域を遊泳する海洋哺乳類、アンティルマナティー(学名:Trichechus manatus manatus)。近縁のフロリダマナティーと共に、アメリカマナティーに分類されている。

 カリブ海周辺に生息するアンティルマナティー(別名:カリビアンマナティー)の成獣は、およそ2500頭を数えるのみ。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに、絶滅危惧IB類(絶滅危機)として記載されている。

 ベリーズ沿岸域管理局(CZMAI:Coastal Zone Management Authority and Institute)のニコール・アウィル・ゴメス(Nicole Auil Gomez)氏は、「国民の大部分は、沿岸地域とその資源の重要性を十分認識している。住宅や食料、輸送、観光、雇用等々、全てが生活に直結しているからだ。もちろん娯楽もね」と語る。「マナティーは我が国を象徴するような動物だ。誰もが誇りにしており、今後も身近にいてほしいと願っている」。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012082704