ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル外相、「世界の多数の国が協議によるイラン核問題解決を確信」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




そうだそうだー!と賛同したいところ。戦争をしたことのないブラジルから見ると、なお対話による解決をすすめたくなるでしょうね。ブラジル外相が望むような平和的解決を僕も望みます。

—————————————————————————————————
■ブラジル外相、「世界の多数の国が協議によるイラン核問題解決を確信」

ブラジルのパトリオッタ外務大臣が、「世界各国のうちの多くが、イラン核問題は協議により解決されるべきだと考えている」と語りました。

フランス通信の報道によりますと、パトリオッタ大臣は27日月曜、フランスのファビウス外務大臣と会談した後、「世界の大多数の国が、イラン核問題は対話により解決されるべきだと考えている」と述べています。

また、「イランに対する一方的な攻撃は全て、大惨事を招くことになり、地域の情勢不安を引き起こすだろう」としました。

アメリカによる制裁は、核開発の停止を迫るための、イランへの圧力行使であり、アメリカとその同盟国はイランの核活動が軍事目的を追求していると主張しています。
こうした中、イランはこうした一連の疑惑を否定し、NPT・核兵器不拡散条約の加盟国として、核エネルギーの平和利用の権利があると考えています。

http://japanese.irib.ir/news/nuclear-power/item/31369