ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

コーディネーションこそ日本の役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




セラード開発は確かに世界的に見てもスゴい事例なんでしょうね。さすが日本人、と。ただ、それを横展開しようとしても、相当な覚悟がないとなかなか難しいような気はしてしまいますけどね…

—————————————————————————————————
■コーディネーションこそ日本の役割

 食糧危機に見舞われる世界。こうした危機の局面は過去にも日本に訪れ、その都度、日本は危機を乗り越えてきた。その代表例が1973年に米リチャード・ニクソン大統領による大豆禁輸だ。その後、日本は20年にわたってブラジルに農業開発支援を実施し、ブラジルを米国と並ぶ大豆の一大生産地に育て上げた。このいわゆる「セラード開発」に20年間従事し、現在モザンビークで進む「ProSavana(サバンナ計画)」の発案者でもある、国際協力機構(JICA)の本郷豊・客員専門員に危機克服の術を聞いた。

ーーー1973年の「大豆ショック」以降、日本政府は20年に及ぶ国際協力によって、ブラジルを一大農業生産国に育て上げました。

本郷:この「セラード開発」の成果は、世界的に見ても歴史に残る素晴らしい事業だと自負しています。ブラジルでは輸出産品のうち、大豆が鉱物を上回って1位になりました。今年には米国の大干ばつもあって、ブラジルは史上初めて世界一の大豆生産国になりそうです。耕地面積も「セラード」と呼ばれる大地のうち、まだ1割程度で、今後増えていく潜在力はまだまだあります。我が国が誇る国際協力の金字塔だと思っています。

 セラード開発にはいくつかのポイントがあります。まずは「不毛の大地」と言われていた所を穀倉地帯に変えた革命であること。熱帯地域で温帯作物である大豆を作ったこと。ゼロから食料加工など産業のバリューチェーンを作り上げたこと。これらが長い期間をかけて見えてきた成果です。当初は博物学、植物学の世界で注目を集めていましたが、現在は農業ビジネスとして世界の耳目を集めています。

●食糧生産を世界で3極化へ

ーーーセラード開発での経験を基にモザンビークでの農業開発支援プロジェクト「ProSavana」を発案したそうですね。

本郷:1973年の大豆ショックを契機に、セラード開発によって世界の食糧生産は米国とブラジルで2極化が達成されました。2008年以降、世界では穀物価格の高騰が問題になっていましたから、これを3極化して、国際市場に穀物をあふれさせることができないかと考えました。そこにアフリカの貧困や環境問題を両立させた経済発展を組み合わせようとしました。

 かねて国連食糧農業機関(FAO)の資料を読みあさっていました。そこで農業開発の可能性がある土壌を持った広大な土地と、十分な水資源、労働力を確保できる地域がモザンビークだったのです。近くにはナカラという天然の良港もありました。ただし、日本にはサバンナで農業をする技術がない。一方、ブラジルにはサバンナと似通った土壌で農業開発をしたセラードの技術があります。そこで3角協力という発想に至りました。

 仕掛けたのは2009年の主要8カ国(G8)首脳会議のラクイラサミットの際です。JICA上層部や外務省高官、ブラジル、モザンビークの大使館に矢継ぎ早に働きかけ、半年間で総理マターになりました。

ーーー現時点で、モザンビークにおける、農業開発支援の国際的な評価は。

本郷:最近、「Social Inclusion」という言葉をよく聞きます。社会的に恵まれない人、援助を必要とする人が、どのように健康的、文化的な生活を送れるかという概念ですが、この考えからモザンビークの農業開発は批判を受けることがあります。現地で最低限の食糧供給が実現できればいい、輸出で金儲けなど考えなくていいと。しかし、私はそう思いません。現地人が望んでいるのは生活レベルの向上です。

 経済学者のジョセフ・スティグリッツ氏は「鉱物資源によって経済格差は拡大する」という旨の発言をしています。確かに鉱物資源開発は雇用への波及効果も大きくありません。しかし、農業は違います。競争力ある農産物を大量に作って食料自給を担保するとともに、輸出用に振り向ける。バリューチェーンを引き起こせば、農業と併せて雇用の波及効果は極めて大きい。食品加工でも、養鶏でも、産業はいくらでも派生します。

 重要なのは、グローバリゼーションの力を使った支援、経済開発です。富を生まなくては、貧困・環境問題にも取り組めません。実際に、ブラジルはこうした考えの下、農業輸出大国に成長したのです。穀物の国際市況は高騰していますから、十分に可能性はあります。

●制度上のイノベーションがカギに

ーーーセラード開発の経験から導き出される、ProSavana成功のポイント、ひいては現在の食糧危機を乗り越える術は何でしょう。

本郷:何よりも制度上のイノベーションを起こすことです。美しい絵を描いて丸投げにすることなく、濃密な指導が可能な仕組みから作らなければいけません。モザンビークはまだ行政機能も脆弱ですし、資金も限られている。強力なコーディネーションが必要です。

 例えば、途上国で農業支援をすると次のようなことがよく起こります。農作物のタネを無償で配ると、タネをそのまま他人に売ってしまう。そのほかの資材や機材でも同様です。仮に農作物を作っても、小規模なバイヤーが個別に買い取ってしまうこともあります。農家は目先の生活資金が必要ですから、こうした動きに出がちです。しかし、本当はロットをまとめて大規模に売買をした方が、収入は多い。そこがなかなか理解されません。

 ですから、農家を組織化して、ロットを大きくするようなメカニズムが必要ですし、そこでは当面の生活費を担保するために低利のローンなどの仕組みも重要です。これらは私たちがブラジルのセラード開発で経験したことで、モザンビークでも同じようなことが起こるでしょう。そのためにも現地に専門家が張り付き、濃密な指導をしなければいけません。

 ただ、日本・ブラジル・モザンビークによる3角協力という点が、セラード開発とは大きく異なります。利害関係は国によって当然異なりますから、何があっても揺るがないコーディネーションボディーが必要となります。

 日本としては、ブラジル、モザンビークの両国のメリットを説明することが大事です。ブラジルはセラードで培った熱帯サバンナにおける農業技術が世界に通用することを客観的に証明できますし、援助供与国に転じることで外交的なプレゼンスが高まり、総じてナショナリズムを高揚できます。モザンビーク側にも、この事業が終わったらという姿を示し、事業を進める役人のエリート意識を刺激する。これがコーディネーターの役割ですし、今回に限らずJICA、ひいては日本の役割です。

 ブラジルのセラード開発も何も前例のない所から始まりました。ProSavanaもこれからいくつもの困難にぶつかるかと思いますが、幸い、JICAでも若手・中堅の有望な職員が頑張ってくれています。先が見えてくるまでに10年はかかるでしょうが、必ず成功すると信じています。これはJICAだけでなく、ぜひとも多くの若者に、関心を持ってもらいたいテーマです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120828/236096/