ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ノキア・シーメンス、ブラジルで第4世代無線機器の製造ライン建設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ノキアとシーメンスの合弁会社が、4G向けの製造工場を建設するようです。4G導入への準備があちこちで着々と進み始めているような印象ですね。楽しみです。

—————————————————————————————————
■ノキア・シーメンス、ブラジルで第4世代無線機器の製造ライン建設へ

 フィンランド携帯電話機器大手ノキアと独電機大手シーメンスの無線機器の合弁会社、ノキア・シーメンス・ネットワークスは、シンガポールの電子機器受託生産(EMS)大手フレクストロニクス・インターナショナルと共同で、ブラジルに超高速通信の第4世代(4G)無線機器の製造ラインを建設する。地元紙フォリャ・ジ・サンパウロ(電子版)が27日にノキア・シーメンスの米国部門の責任者、ケン・ワース氏の話として伝えた。

 国内の携帯電話サービス各社は14年のFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップブラジル大会に向けて4G携帯電話用の通信ネットワークの建設を開始することから、ノキア・シーメンスは10月から4G通信ネットワーク用の無線機器を出荷する計画。

 国内の携帯電話サービス会社は来年、ブラジルで約15億ドル(約1180億円)の設備投資を行う計画で、そのうちの約30%が4G通信ネットワークの整備に使われる。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0829%2Fstockname_0829_012%2F0%2F1/