ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

永住ビザ移行の新規則 2年間の就労で申請可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




これ、僕も現地ニュースで見た時に一瞬喜んでしまったんですが、よく見てみると「2年後に永住ビザ更新出来るものの、その後4年間は会社紐付き」とのことで、結局従来の4年から計6年に延びてませんかね?もーーーっ!

—————————————————————————————————
■永住ビザ移行の新規則 2年間の就労で申請可能に

 法務省は22日、一時就労ビザを永住ビザに切り替えるための新規則を発表した。これにより、永住ビザ切り替えのために必要とされていた4年間の就労期間が2年間に短縮されることになった。同日付エスタード、フォーリャ両紙(ウェブ版)が報じた。

これまで一時就労ビザを所有する外国人は、2年間の有効期限が切れた際に、さらに2年間のビザ更新を1回に限り申請することが可能だった。また、合計4年間の滞在期間を経て永住ビザへの切り替えも認められていた。

新規則では、滞在期間が2年を超えた時点で就労ビザを更新せずに永住ビザに切り替えられるようになったが、一時就労ビザの所有者と雇用企業は、ビザの有効期限の30日前までに申請をしなければならない。なお、就労ビザを既に1回更新している外国人は、以前と同じ条件で永住ビザへの切り替えが申請できる。

ただし、永住ビザが取得できたとしてもビザ取得時から4年間は雇用企業での勤務を続けることが永住権の保持条件となっており、その間に解雇された場合はビザが無効になってしまうので注意が必要となる。

労働雇用省の報告によると、今年1~6月の就労ビザの交付件数は3万2913件に上っており、その内訳は一時就労ビザが2万9065件、永住ビザが3848件だった。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10277/cat/1