ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

販売台数伸び率トップ 自動車IPI減免効果で=ホンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉ!ホンダが販売台数伸び率TOP!おめでとうございます!減税前から81.7%の増加のようですね、素晴らしい。ま、分母が小さかったので伸び率は高いという気もしなくもないですが、とはいえ良いニュースですね^^

—————————————————————————————————
■販売台数伸び率トップ 自動車IPI減免効果で=ホンダ

 今年5月下旬から適用が開始された一部の自動車に対する工業製品税(IPI)減免措置によって、年初来低迷していた伯国内新車販売は6、7月と息を吹き返したが、同措置によって最も販売台数を伸ばしたメーカーはホンダであると、8月24日付伯メディアは伝えている。全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)が公表する資料によると、同社の6、7月の平均販売台数(登録ベース)は1万2673台で、IPI減免前の今年1~5月の平均(6975台)を81.7%上回っており、8月前半の販売台数(5621台)は1~5月各月前半の平均に比べて68.78%増を示している。

IPI減免実施後の販売の伸びがホンダに次いで大きいのは仏プジョーで、6、7月の平均は1~5月の平均を50.48%上回り、4520台から6803台となった。同様に国内シェア上位4社の伸び率を見ると、フィアット48.93%、フォルクスワーゲン45.66%、フォード44.89%、GM23.53%となっている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10364/menu/10/cat/95