ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

キリンがバイア工場拡張 ブラジル最大級のビール工場へ スキン社通じ地元発展に協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




いよいよ、キリンのブラジル市場におけるチャレンジが本格的にスタートしますね。同族経営内の確執という課題は、どうやら既に改善されたようです。今後の発展に期待したいですね。

—————————————————————————————————
■キリンがバイア工場拡張 ブラジル最大級のビール工場へ スキン社通じ地元発展に協力

 全世界のキリンビール関連企業を統括しているキリンホールディングス株式会社(本社・東京、三宅占二社長)は8月29日、数年来の懸案事項だったブラジル大手飲料会社「スキンカリオール」の買収後における最初の大事業としてバイア州アラゴイーニャス市(首都サルバドール市から北に約100キロ)のスキンカリオール工場拡張工事終了に伴う披露式を開催した。また地元への貢献として工事費100万レアルを寄付したアラゴイーニャス市営広場改修工事完成式典参加のため、日本から三宅社長、聖州イツー市のスキンカリオール本社からジーノ・デ・ドメニコ社長がバイア州を訪れた。

スキンカリオールのバイア工場は幅420メートル、奥行き130メートルの規模で、900人の社員が24時間3交代制で勤務している。年間生産量ビール90万キロリットル、ノンアルコール飲料40万キロリットルを誇るブラジル有数の巨大飲料工場で、製品販売はバイア州全土と近隣の他州にまで及んでいる。

披露式後に行われた記者会見には約30人の日伯報道関係者が集まり、両社長への今後の企業戦略に対する質問が飛び交った。両社長によると、スキンカリオール・ブランドに対するキリンの介入は今のところなく、キリンが伯国飲料市場を完全に把握していない現状から、スキンカリオールのイメージをむやみに変えるような無駄はやらないという。

また三宅社長は、ライバル各社への対抗意識よりも消費者が何を欲しているかを知ることに注力するとし、「スキンカリオールのポテンシャル(潜在能力)は伯国のポテンシャルそのものと認識している」と強調。「国家発展の波に乗っていきたいが、まずはバイア工場があるアラゴイーニャス市の発展に協力していきたい」と地元の足場を固めていく考えを示した。

さらにキリンが買収後、スキンカリオールが同族経営内の確執で部署間における横の意思疎通が悪かったことについて、最優先課題として改善したことも報告された。

工場披露式に先立ち、アラゴイーニャス市内広場で行われた式典で三宅社長は、キリンが日本で初めてビールを製造したのが第1回笠戸丸移民着伯前年の1907年だったことを紹介。「約150万人の日系人が在住するブラジルに大きな親近感を持っており、スキンカリオールの事業を通じてバイア州の発展に協力していきたい」と意気込みを語った。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10345/cat/105