ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

FRB緩和策を公然と批判 腰座ったブラジル女性大統領

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ジウマ大統領を形容する言葉として「腰が座っている」だそうです、うむ、なるほど。確かに過去の経験からも、言いたい事をストレートに主張してる姿からも、そういう印象かもしれませんね^^

—————————————————————————————————
■FRB緩和策を公然と批判 腰座ったブラジル女性大統領

 米フォーブス誌(9月10日号)は「100人の最もパワフルな女性」を掲載、ブラジルのジルマ・ルセフ大統領をトップに選んだ。

 ブルガリア系移民の中流家庭で育った同氏は、前任のルラ大統領から後継者に指名され、2010年10月の選挙で大統領に当選した。マルクス主義の革命運動家だった1970年代初期に軍事政権下の警察に逮捕され、電気ショックの拷問を受けたこともある。刑務所に3年間入れられ、辛苦で痩せ細ったという。そういった経験を乗り越えてきたが故に、彼女は腰が座っている。

 ルセフ氏は今年4月に米ホワイトハウスを訪問した際、オバマ大統領に対して、「先進国の拡張的な金融政策は、新興国の経済を傷つけている」という表現でFRBの金融緩和策を批判した。それがドル安・レアル高をもたらしてきたことに彼女は公然と不満を述べた。

 日本ではFRBが追加緩和策を行うと、政治家はそれを所与のものとして「なぜ日銀はもっと緩和策を導入しないのか」という批判を日銀に向ける。しかし、ブラジルの場合は、トップがホワイトハウスに乗り込んで、FRBを激しく非難する。この違いはどこから来るのだろうか?

 最大の理由は、米国とブラジルの政治の関係は、米国と日本のそれと根本的に異なっている点にあるだろう。ブラジルは、以前から、中南米における米国に対する「対抗軸」として振る舞ってきた。ブラジルは日本のように米国の安全保障の「傘」の下にはいない。

 米国の経済力が相対的に低下して、中南米に対するグリップ力が低下していることも影響している。ブラジルの輸出に占める米国の割合は、90年は25%だったが、11年は10%だ。代わりに、中南米やアジア(特に中国)への輸出が増えた。ブラジルにとっての米国の重要性は低下している。

 ところで、FRBが発表した7月31日~8月1日開催のFOMC議事要旨によると、市場が思っていたよりもFRB幹部はハト派ムードに傾いていた。「しっかりとして、継続的な」経済回復を示すデータが出てこない限りは、追加緩和策を早々に導入すべきだ、という見方が主流を占めていた。

 そこまで前のめりでありながら、FRBが追加緩和策をすぐに採用せず、タイミングを見計らっている理由の一つには、FRBの緩和姿勢に批判的な勢力を懐柔するための経済指標を揃える必要があるからだと思われる。その勢力の中心にいるのは、米共和党の政治家達だが、ルセフ大統領を含む新興国のリーダー達も無視できない存在になっていると思われる。

http://diamond.jp/articles/-/24264