ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

JICA、ブラジル向けにバスシステム整備の円借款

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ベレンのバスシステム事業にJICAが入って、コンサルティングを行う、と。バス専用道路やバスレーン導入などとのことで、ブラジル最大の課題の1つであるインフラ整備に向けて頑張って欲しいですね。

—————————————————————————————————
■JICA、ブラジル向けにバスシステム整備の円借款

 国際協力機構(JICA)は、4日、ブラジル北部に位置するパラ州政府との間で「ベレン都市圏幹線バスシステム事業」を対象とした約164億円の円借款貸付契約に調印した。円借款資金は、既存道路の改修によるバス専用道路やバスレーンの導入およびコンサルティング・サービスなどに充当する。

 ベレン都市圏は200万人以上の人口を擁し、商業の中心であるベレン市から周辺のアナニンデウア市方面にかけて市街地が拡大している。しかし、市街地拡大に伴い主要幹線道路におけるバスや乗用車の交通量が増加し交通渋滞が年々悪化。同都市圏の公共輸送手段はバスしかなく、過剰な数のバスが幹線道路を占有するなど、交通渋滞の主要要因になっている。また、窒素酸化物(NOX)や二酸化炭素(CO2)などの大気汚染も高い数値が幹線道路周辺で検出された。

 パラ州政府は交通渋滞緩和を目指し08年に「大都市圏アクション計画」を策定。この計画は、JICAが1989年から支援してきた都市交通計画や事業可能性調査などを基に策定している。 

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0904%2Fstockname_0904_018%2F0%2F1/