ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

サンベント駅で来年開店 地下鉄駅にミニショッピング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




日本で言うエチカやグランスタみたいなものでしょうかね。地下鉄駅構内のミニショッピングセンターだそうです。小売店42店舗と大型レストランとのことで、楽しみですね。いつ完成予定でしょうかね?

—————————————————————————————————
■サンベント駅で来年開店 地下鉄駅にミニショッピング

 聖市地下鉄(メトロ)サンベント駅で来年、構内にミニショッピングセンターを建設する計画が進められている。メトロ駅構内におけるミニショッピングの設置は初めてとなる。2日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。

メトロの全駅構内に現在設置されている衣服や靴などの小売店の店舗も、1年間で68店舗から148店舗に増設される見通し。同駅は聖市ビンテシンコ・デ・マルソ(3月25日)街の最寄り駅として利用客が多いことから、購買意欲の高い顧客を取り囲む狙いがあるとみられる。

駅構内の小売店は1970年代から始まり、2009年には100店舗を数えるなど爆発的な増加を遂げてきた。しかし、店舗の外観が汚いイメージを与えていたことなどから、小売店のあり方を疑問視する声も多く上がっていた。

新たなミニショッピング内には小売店42店舗と大型レストランが設置される予定で、初期投資額は推定300万レアル。オープン後は1年間で約400万レアルの収益が見込まれている。

設置する店舗の候補リストには、靴・サンダル販売店、香水販売店、旅行会社などの名前が挙がっており、現在はブランドの選定中だという。このほか、期間限定で薬局やウエディングドレスを扱う店舗の設置も検討されている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10380/cat/1