ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ネイマールに地元大ブーイング/親善試合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




セレソンvs南アフリカ、いちお1対0で勝ったものの、試合内容はイマイチでしたね。それは確かにブーイングも出ますよ…まぁサンパウロのお膝元での試合だったので、他チームの選手には難しいところだとは思いますが…

—————————————————————————————————
■ネイマールに地元大ブーイング/親善試合

 ブラジルは7日、南アフリカと親善試合を行い、後半29分に途中出場のFWフッキが得点を挙げて勝利したが、試合終了後には詰めかけた5万人以上のサポーターから激しいブーイングを浴びた。

 特に攻撃陣のレアンドロダミアン、ネイマール、オスカルの3人には容赦なくブーイングが飛んだ。この日の観客の大半がサンパウロのサポーターで、国内でもっとも評価の厳しいサポーター。FWネイマールは「俺たちはブラジル代表なのに、ライバルチームのサポーターからブーイングを受けたのはがっかりした」と話した。MFオスカルは、ジュニア時代にサンパウロに所属していたが、裁判でクラブとの契約を無効にしてまでインテルナシオナルに移籍したのが仇となっている。ただ1人ブーイングされなかったのが、サンパウロのアイドルMFルーカスだった。

 「サポーターの応援が必要だった。ブーイングで選手たちは冷静さを失っていた」と話したメネゼス監督だが、地元テレビ局の評論家のカザグランデ氏は「チームの基準がまとまってなく、ベースになる選手もまだ決まっていない。FW陣は期待はずれだ」と厳しい評価を下した。10日の中国との親善試合にはブーイングが起こらないと予想される。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20120909-1013884.html