ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

コカインの常習者数 伯国は米国に次ぎ世界2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




なんと、コカイン常習者数はブラジルが世界2位だそうです、う〜ん、なんとも不名誉な話ですね。。。直近1年間で280万人。。。全成人の4%が麻薬使用を認めている、と。困ったもんですね。。。

—————————————————————————————————
■コカインの常習者数 伯国は米国に次ぎ世界2位

 サンパウロ国立総合大学(Unifesp)と伯国アルコール・麻薬対策研究所(Inpad)が5日に発表した「アルコールと麻薬に関する全国調査(Lenad)」結果によると、伯国は米国に次いで世界で2番目にコカイン常習者が多く、直近1年間におけるコカイン経験者は280万人に上ることが分かった。6日付フォーリャ紙が報じた。

同調査は14歳以上の4607人を対象に行われた。また、伯国内の全成人の4%に当たる600万人が過去に麻薬を使用したことを認めており、そのうち45%は未成年だった時にコカインを初めて体験していたことも示された。

コカイン常習者の78%は、簡単に麻薬を入手できると考えており、さらに10%は所有していたコカインの一部を密売したことがあると答えた。

地域別にみると、常習者が最も多いのは東南伯地方の140万人(全体の46%)で、東北伯地方の80万人(同27%)がそれに続いている。反対に最も少ないのは南伯地方の20万人(同7%)だった。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10456/cat/1