ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブランド調査=中所得者層対象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




中間層であるCクラスに認知されているのはNestle→Samsung→Adidas→Nikeだそうです。ビールブランドとか入ってこないんですね。笑
ちなみに「好みのブランドはないと46%が回答している」という事実は、この記事では触れられていませんが、個人的には重要なところな気がします^^;

—————————————————————————————————
■ブランド調査=中所得者層対象

 調査会社ダッタ・ポプラール(Data Popular)が今年8月に中所得者層(Cクラス)の2万2000人を対象に実施したブランド調査の結果、同層の消費者らに最も認知されているブランドは「Nestle」(認知率4.1%)であることが分かった。同社が5日発表した。「Nestle」に次いで認知度が高かったのは「Samsung」(3.9%)、「Adidas」並びに「Nike」(いずれも3.7%)だった。男女別に見ると、男性では「Adidas」(5.8%)、「Nike」(5.1%)、「Samsung」(4.9%)が、女性では「Nestle」(6.3%)、「O Boticario」(4.2%)、「Hering」(3・1%)がそれぞれ上位を占めた。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10450/menu/10/cat/95