ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル通信相、携帯電話サービス改善の判断を11月に持ち越し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




携帯キャリアの新規契約禁止という判断が先日出ていた件ですが、現状は再開されているものの、11月にまた新たに判断が下るようですね。各社サービス強化に必死になってくれてると良いのですが…

—————————————————————————————————
■ブラジル通信相、携帯電話サービス改善の判断を11月に持ち越し

 ブラジル通信庁(ANATEL)が7月に、携帯電話サービス大手3社の電話サービスの内容に対する顧客の苦情が殺到していることから3社による新契約の受注を一時停止した問題で、パウロ・ベルナルド通信相は11日、ANATELが11月に提出する電話サービスの質に関する調査報告書の結果を待ち、その時点でサービスの改善が見られなければ再び新契約の受注停止などの措置を講じる考えを明らかにした。オ・エスタド・ジ・サンパウロ紙(電子版)が伝えた。

 ANATELは7月18日に、同国の携帯電話サービス大手4社のうち、伊通信大手テレコム・イタリア傘下のチン・パルチシパソエスと、ポルトガル・テレコムが一部出資しているオイ(Oi)ブランドで知られるテレマール・ノルテ・レステ、メキシコ携帯電話サービス大手アメリカ・モビル傘下のクラロの3社に対し、同月23日から最大19州で新契約の受注の一時停止を命じた。しかし、その後、ANATELは3社による新契約の受注再開を許可している。

 ベルナルド通信相は、苦情件数は減少してきているものの、電話サービスの内容が改善されたかどうかは慎重に判断する必要があるとし、ANATELに11月に調査報告書を提出するよう指示した。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0912%2Fstockname_0912_013%2F0%2F1/