ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

企業ロゴの類似看板 聖市役所の対応に批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




この流れでいくと、なんだか近々見せしめ的に一斉摘発などが入りそうですね、屋外広告について…景観を保つ事が目的ならば、ロゴだろうがロゴでなかろうが、全てNGにした方が分かりやすい気もしますけどね^^;

—————————————————————————————————
■企業ロゴの類似看板 聖市役所の対応に批判

 聖市のアウグスタ街をはじめとする商業地域では、企業のロゴマークに類似したデザインの看板が使用されているため、聖市役所の取り締まりの甘さに対して批判の声が上がっている。11日付エスタード紙が報じた。

広告規制法(シダーデ・リンパ)が施行されているにもかかわらず、企業ロゴが入った看板の乱用や、企業ロゴをイメージさせるデザインの看板が増加の一途をたどっている。アウグスタ街のバールでは、コカ・コーラ社のロゴマークに類似した看板が堂々と掲げられている。

聖市の都市景観保護委員会(CPPU)では、「企業ロゴ名が記載されていなくても企業を連想させるものは景観を損ねるため、法律で禁止される」と説明している。

しかし、広告規制法の監視責任者である聖市役所は「違法にはあたらない」と判断している。このため、聖市役所側の理解が不十分だという見方も出ている。

また、区役所周辺のバール店主は「500メートル先に区役所があるが、今まで一度も注意を受けたことはない。ビール会社とのロゴ使用契約を延長したところだ」と話している。

現在、広告規制法に抵触している広告・看板数は200万件に上っている。同法が施行された直後は、市内全域で広告看板の露出が減少したが、最近になってまた増加し始めているという。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10472/cat/1