ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

KCIがブラジル事業を拡張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




アメリカのキネティック・コンセプツがブラジルで創傷管理トレーニングの事業を拡大させるそうです。正直、あまりピンときてませんが(笑)、アメリカ企業の進出も活発になってきているようですね。

—————————————————————————————————
■KCIがブラジル事業を拡張

創傷管理の世界的リーダー企業が地元の医療専門家に専門トレーニングを提供し、患者転帰を改善へ

(サンアントニオ)- (ビジネスワイヤ) — キネティック・コンセプツはブラジルの既存事業を拡張すると発表しました。KCIはこの拡張により、当社の療法を届けることができる患者の数を増し、V.A.C.®療法の専門家向け創傷管理トレーニングの提供を通じて、患者転帰の改善に貢献することができます。また、新たな職を創出することで、地元経済にも貢献することになります。

アメリカ大陸担当シニアバイスプレジデントのジム・カニフは、次のように述べています。「KCIは南米で当社の存立を確立したいと考えており、ブラジルは当社にとって大きなチャンスとなります。KCIはブラジルの直轄チームを置くことで、医療専門家にV.A.C.®療法の創傷管理における専門技能のトレーニングを提供するとともに、当社の陰圧創傷治療プラットフォームによって治療できる患者の数を増やすことができます。」

KCIの専有的な陰圧技術は、ケア提供者が多種多様なタイプの創傷を処置するための方法に革命をもたらしました。V.A.C.®療法は、20件以上のランダム化対照臨床試験と、750本以上の査読誌論文で裏打ちされた唯一の創傷治療技術です。世界中で650万例以上の創傷治療で最適治療法として採用されており、確立された作用機構で良好な患者転帰を実現しています。

KCIの中南米・ブラジル担当バイスプレジデントを務めるIsrael Viermaは、次のように述べています。「ブラジルは中南米において、医療技術と数多くの医学的前進の最前線に位置しています。当社がNPWTの完全な標準たるV.A.C.®療法の提供製品の幅を広げ、対応できる患者数を増やすとともに、その生活の向上に貢献していくことができるのは、大きな喜びです。」

KCIはEFE Consultoriaとの販売代理店関係を通じて、2006年からブラジルで事業を展開してきました。KCIは今後も同社と提携するとともに、同地域の代理店十数社以上とも新たに提携して、KCI製NPWT製品を複数のコールポイントに提供していきます。KCIは現在のKCIブラジルチーム用にサンパウロにオフィスとサービスセンターを確立していますが、間もなくリオデジャネイロで第2のサービスセンターの運用を開始する予定です。KCIブラジルは最近、リオデジャネイロで開催された世界外傷会議で存在感の打ち出しに大成功しており、ブラジル地元で創傷ケアに関わる多様な専門組織・会議に関与・参加していく計画です。

医療専門家向けの教育・トレーニングコースに関する詳細情報については、kcibrasil@kci1.comまたは+55 11 3192 1900までお問い合わせください。

KCIについて

キネティック・コンセプツは世界をリードする医療技術企業として、創傷治療および治療サポートシステムの市場を対象とする革新的な先端療法および製品の発見・開発・製造・販売を専門に手掛けています。米テキサス州サンアントニオに本社を置くKCIは、30年以上にわたって創傷治療の科学を劇的に発展させました。KCIの成功は、世界中の患者の転帰を顕著に改善するとともに、治療の総コストを大幅に削減するための技術革新と情熱に深く根ざしたその歴史にまでさかのぼることができます。KCIの専有的な陰圧技術は、医療提供者が多様なタイプの創傷を処置する方法に革命をもたらしました。V.A.C.®治療システムは世界全体で650万例以上の創傷治療で使用されてきました。KCIとその製品の詳細情報については、www.KCI1.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先
KCI Corporate Communications
Mike Barger, 1-210-255-6825
mike.barger@kci1.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

http://www.zaikei.co.jp/releases/63208/