ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ガメサ、ブラジルの風力発電所10カ所に風力タービン129基供給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




スペインの風力タービンメーカーが129基も、ですか。これまた結構な規模ですね…さらに20年間の運用保守サービスまで提供とのことで。しかし、風力発電、いいですね!

—————————————————————————————————
■ガメサ、ブラジルの風力発電所10カ所に風力タービン129基供給

スペインの風力タービン製造大手ガメサ(Gamesa)は、ブラジルの10カ所の風力発電所に風力タービン129基を供給する。発電所は、ブラジル南部のリオ・グランデ・ド・スル(Rio Grande do Sul)州に位置し、投資ファンドRio Bravo Energia Iとブラジル電力公社エレトロブラス(Eletrobras)傘下のエレトロスル(Eletrosul)による合弁会社が開発する。契約総額は約3億4000万ユーロ。

ガメサは、2メガワット出力の風力タービン129基の他、20年間の運用保守サービスを提供する。タービンの設置は2013年前半に開始し、2014年第1四半期に終える計画。全てが完成すれば、51万世帯の電力需要に相当する年間95万7000メガワット時の電力を発電する。

ガメサは約1年前からブラジルで風力タービンの製造を開始し、風力発電市場での存在感を高めてきた。ここ数ヶ月のタービンの受注は合計652メガワットに及ぶ。

http://www.ecool.jp/foreign/2012/09/gamesa12-bz1539.html