ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル財務相が米QE3批判、「新興国に多大な問題もたらす」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




マンテガが批判してますねー。まぁ確かに、新興国には多大な問題をもたらすのかと思いますが…さて、今後どうなっていくんでしょうかね…注目です。

—————————————————————————————————
■ブラジル財務相が米QE3批判、「新興国に多大な問題もたらす」

[パリ 18日 ロイター] ブラジルのマンテガ財務相は18日、米連邦準備理事会(FRB)が決定した量的緩和第3弾(QE3)について、新興国に多くの問題を引き起こすとして批判し、レアル高抑制に向けた措置を講じると表明した。

モスコビシ仏経済・財政・対外貿易相との会談後、記者団に対し述べた。

マンテガ財務相は、FRBの追加緩和が「米国が抱える多くの問題を解決するとは思わない。一方で、新興国には多大な問題をもたらす」と指摘。

「レアル相場の押し下げに向け、引き続き措置を講じる」と言明した。ただ目標水準の明言は避けた。

QE3によるドル安がブラジルの輸出競争力を低下させるだけなく、ブラジルが保有するドル資産の価値も目減りさせるとして懸念を示した。

また米国は住宅市場の回復支援で、金融政策ではなく財政政策に注力する方がより望ましいとした。

これに対し、モスコビシ仏経済相はブラジルの懸念に理解を示しながらも、通貨安をめぐる緊張は20カ国・地域(G20)や国際社会の場で解決される問題との認識を示した。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE88H01A20120918