ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル政府、景気対策で社会保障減税対象に25業種追加指定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




お!25業種で減税ですか。社会保障とのことで、人件費にぶら下がってくるところですよね。規模は約5000億円。最終価格や雇用に良い影響を”少しでも”与えると良いですが…

—————————————————————————————————
■ブラジル政府、景気対策で社会保障減税対象に25業種追加指定

 ブラジルのマンテガ財務相は追加景気刺激策として、13年1月から新たに25業種を社会保障税の減税対象に指定する方針を明らかにした。減税規模は130億レアル(約5070億円)になるもよう。中南米専門の通信社メルコプレス(電子版)が前週末に伝えた。

 新たに減税対象となるのは、養鶏・養豚業や木材・パルプ業、貨物・旅客運送業など25業種で、同相は減税対象の拡大によって人件費が緩和され市場競争力を高めることに役立つと述べている。

 また、同相は世界的な金融危機が引き続きブラジル経済に悪影響を及ぼすとして、12年の同国経済成長率見通しを従来予想の3%増から2%増に下方修正した。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0918%2Fstockname_0918_012%2F0%2F1/