ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

音楽の違法ダウンロード 伯国は世界5位に オンラインストア市場は拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




アメリカ、イギリス、イタリア、カナダに次ぐ世界5位!そして15年までには世界2位に上昇予定!「必ずしもそれが悪いわけではない」そうですよ^^

—————————————————————————————————
■音楽の違法ダウンロード 伯国は世界5位に オンラインストア市場は拡大

 デジタル音楽についてのマーケティングや監査を行う機関「ミュージックメトリック(Musicmetric)」が実施した調査によると、伯国はインターネット上での音楽ファイルの違法ダウンロード件数が世界で5番目に多いことが明らかになった。18日付エスタード紙(ウェブ版)が報じた。

同機関は、デジタル音楽インデックスと呼ばれる統計調査を進め、今年上半期にファイル共有ソフト「BitTorrent」で違法ダウンロードされた音楽ファイルの件数、人気アーティスト、ダウンロードが多かった上位20カ国などを発表した。

ランキングトップは2位に2倍以上の差をつけた米国で、合計9600万件以上の違法ダウンロードが確認された。2位は英国の約4300万件で、伯国は約1970万件でイタリアとカナダに続いて5位に名を連ねている。なお、日本はランキング圏外だったため、順位や人気アーティストは不明となっている。

今回の調査対象となった6カ月間で「BitTorrent」を用いてダウンロードされた音楽ファイル数は、全世界で合計30億曲以上に上った。世界で最も多くダウンロードされたのは、米国を中心に活動する女性ミュージシャン、リアーナの最新アルバム「トーク・ザット・トーク」で、120万件以上だった。

また、伯国、インド、ギリシャ、ルーマニアの4カ国で最も人気の高かったビリー・バンというDJアーティストは、自身の楽曲を「BitTorrent」上で無料配布したことでダウンロード件数が飛躍的に伸びたとみられている。

◆ダウンロード大国
ミュージックメトリックによると、伯国は2015年までに音楽ファイルの違法ダウンロード件数で英国を抜いて2位に浮上することが予想されている。しかし同機関では「必ずしもそれが悪いわけではない」という見解を示している。その理由として、伯国でのダウンロード件数の急増は国民の関心の高さを示しており、1900万曲が違法ダウンロードされたという事実が楽曲を購入しなくなることに直結するわけではないと主張している。

実際、全世界における昨年度の音楽ファイルの合法ダウンロードによる利益は、約52億ドルと8%増加している。さらに国際レコード連盟(IFPI)によると、オンラインミュージックストアの数が増えたことも販売利益の増加に貢献しているという。オンラインミュージック販売を行っている国は昨年は23カ国だったが、今年には58カ国に増加している。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10595/cat/1