ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

三菱重工、造船でブラジル進出-資本参加など検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




お、進出決定か?と思ったものの「検討に入った」段階なんですね。今から14年度までに検討して、14〜16年以降に進出になるか?というスケジュール感のようです。

—————————————————————————————————
■三菱重工、造船でブラジル進出-資本参加など検討

 三菱重工業は船舶・海洋事業でブラジル市場に参入する検討に入った。ブラジル沖合で深海油田開発が活発化し、資源開発関連の船舶需要が見込まれており、現地造船会社への技術指導や資本参加などを通じ、深海探査船をはじめとする造船技術を売り込む。

 国内の新造船需要が低迷する中、海外造船事業に活路を見いだす。2014年度までに細部を詰め、14―16年度の次期中期経営計画以降に海外造船事業で売上高1000億円の目標達成に弾みを付ける。

 三菱重工業はインドのラーセン・アンド・トウブロ(L&T)に造船技術を供与し、海外展開を加速している。原壽取締役常務執行役員船舶・海洋事業本部長は「インド以外も考える。ブラジルも候補の一つで、(14年度までの)現中期経営計画中に考える」と、参入に向けた検討を始めた。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120120921aaar.html