ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル 高速鉄道計画を変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




高速鉄道の計画変更とのことですが、入札は特に変わってないようですね、来年5月で。ただ、うやむやになっていた完成時期が改めて2020年と発表された、という形でしょうか。しかしえらい先ですね…^^;

—————————————————————————————————
■ブラジル 高速鉄道計画を変更

ブラジル政府は、日本企業などが受注を目指している高速鉄道の開業の時期について、4年後のリオデジャネイロ・オリンピックの開催に間に合わせるという当初の計画を改め、2020年を目指す方針を示しました。

ブラジルの高速鉄道計画は、リオデジャネイロからサンパウロ郊外までの500キロ余りをおよそ2時間で結ぼうというもので、21日、サンパウロで開かれた公聴会には、日本の三井物産や東芝、三菱重工業のほか、韓国やフランスなど、受注を目指す8か国の関係者およそ160人が参加しました。

この中でブラジル政府の担当者は、開業時期について、4年後のリオデジャネイロ・オリンピックの開催に間に合わせるという当初の計画を改め、2020年の開業を目指すとする新たな計画案を示しました。

ブラジルの高速鉄道計画を巡っては、当初、事業者が建設から運営までを一括して請け負うとされたことなどから、企業側の負担が大きいとして、去年、初めて行われた入札は不成立に終わっています。

このため、ブラジル政府は、建設と運営を切り離し、まず、運営を担う事業者について来年5月に入札を行う方針も明らかにしています。

ブラジル政府の計画の見直しによって企業が参加しやすくなり、受注競争が一段と激しくなるとの見方が出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120922/k10015204781000.html