ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

9月の新車販売は前月比31.54%減少


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あちゃー、新車販売、大幅に落ちてしまいましたね…32%減ですか。まぁ8月の駆け込み需要で前倒しになってしまった分も大きいんでしょうね…中古車値下げの影響もあるようですが。

—————————————————————————————————
■9月の新車販売は前月比31.54%減少

全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の調査によると、9月の新車登録台数は前月比31.54%減少の27万7,614台、前年同月比では5.44%減少して業界関係者の予想を大幅に下回っている。

8月の新車販売は、工業製品税(IPI)が月末に終了するため駆け込み需要の影響で40万5511台と記録を更新していたために、9月の新車販売が大幅に落ち込む要因となっていた。

9月の1日当たりの新車販売台数は1万4,611台と8月よりも17.12%減少、しかし前年同月比では4.5%増加、9月の新車販売は全ての自動車メーカーで前月を下回っている。

ルノー社のディーラーであるGran Brasil社はサンパウロ市内に8店舗を擁しており、同社のマルコス・ジョルダノ部長は9月の新車販売は前月比40%減少したために、通常の自動車在庫である35日営業日が68日営業日まで拡大して、過剰在庫になっているとコメントしている。

フォード社のディーラーであるAvante社のフラヴィオ・コレア販売員は、中古車の価格が20%と大幅に値下がりした影響で、9月の新車販売が30%から40%減少していると説明している。

RC Consultores社のファービオ・シルヴェイラ共営者は、新車販売に対するIPI減税政策が継続している間は新車販売が拡大する余地はあるが、IPI減税政策が中止になれば新車販売は劇的に減少すると予想している。(2012年10月2日付けエスタード紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-automotivo/?materia=10765