ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

医療保険38社に販売禁止令 予約などの遅延改善を要求


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近、苦情を発端としてサービスの販売を禁止する、というのが流行ってるんですかね。携帯キャリアへの措置に続いて、医療保険も。まぁこれによって改善に向かうとよいですね。

—————————————————————————————————
■医療保険38社に販売禁止令 予約などの遅延改善を要求

 厚生省管轄の国家民間補充医療保健サービス監督庁(ANS)は、診察や検査の予約時に生じた遅延で多くの苦情を受けた医療保険会社38社に対し、医療保険プラン300種以上の販売を禁止することを命じた。3日付フォーリャ紙が報じた。

この38社のうち、75%に当たる29社は今年7月に保険プラン221種の販売を禁じられたにもかかわらず、再摘発される結果となった。さらに、保険プラン80種を取り扱う9社が今回初めて処分を受けた。一方、7月に処分を受けていた別の8社は、診察などの予約を迅速化できたため販売禁止措置が解かれることになった。

保険プランの販売禁止措置は今月5日から発効され、3カ月後の審査で継続するかどうかを決定する見通し。処分を受けた38社の被保険者数は、伯国内の医療保険加入者の総人口の7・6%に当たる360万人だが、今回の処分は新規販売にのみ適用されるため、既存の契約者への影響はないとされている。

ANSは2011年、保険会社による医療サービスの予約遅延を改善させるため、申請時から予約日が決まるまでの最大期限を設けた。これにより、診察は7日間、入院は21日間以内に予約日を決めることが義務付けられた。

今回処分を受けた各保険会社は、ANSの公式サイト(www.ans.gov.br)にて確認が可能。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10789/cat/1