ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル、海外自動車メーカーに対する工業製品税減税の資格要件決定


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




IPI(工業製品税)の30%減税の特例を受けるためには、今回決定された4項目のうち3項目を満たせば良いそうです。4項目の内容の難易度はどうなんでしょうかね?メーカー各社さん。

—————————————————————————————————
■ブラジル、海外自動車メーカーに対する工業製品税減税の資格要件決定

 ブラジル政府は4日、すでに自動車を現地生産している外国自動車メーカーが13年から17年までの5年間に工業製品税(IPI)の30%減税の特例を受けるための4項目の資格要件を明らかにした。政府では4項目のうち、少なくとも3項目を満たせば特例を受けられるとしている。地元紙ジョナル・デ・コメルシオ(電子版)などが伝えた。

 4項目の資格要件の1つ目はブラジル国内で実施する製造工程の規定回数で、例えば乗用車と商用車の場合、13年は国内で少なくとも6工程を実施することとし、14-15年は7工程、16-17年は8工程にするとしている。

 2つ目は13年の研究開発・イノベーションに対する投資は売上高の少なくとも0.13%とし、14年は0.3%、15-17年は0.5%とすること。

 3つ目はエンジニアリングや基礎工業技術への投資額を13年は売上高の少なくとも0.5%とし、14年は0.75%、15-17年は1%とすること。

 4つ目は国家度量衝・規格・工業品質院(INMETRO)による省エネ・ラベリング制度で、13年は製造された自動車のうち、省エネ基準達成率が最低でも34%とし、14年は49%、15年は64%、16年は81%、17年は100%とするとしている。

 マンテガ財務相は自動車の工業製品税規則によって、13年以降の3年間で自動車業界は220億ドル(約1兆7300億円)の投資を行うことになると述べている。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1005%2Fstockname_1005_008%2F0%2F1/