ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

CET私服職員が指導 歩行者優先キャンペーン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




歩行者優先、ぜひドライバーの意識の中に浸透して欲しいですね。最近だいぶ改善されてきているような気はしつつも、まだまだ怖い時も多いですもんね、歩いていると…頑張れCET私服職員!笑

—————————————————————————————————
■CET私服職員が指導 歩行者優先キャンペーン

 交通工学公社(CET)では歩行者優先を徹底させるため、今月から新たなプログラムを開始した。聖市内の横断歩道に特別指導員を配置し、横断時に手を挙げてから渡る手信号(gesto da m縊zinha)を歩行者に指導する取り組みが行われている。4日付フォーリャ紙が報じた。

花柄シャツとジーンズ姿で横断歩道で歩行者優先をアピールしているレア・ビソンさん(47)はこの特別指導員の一人で、「私の職務は歩行者に手信号を普及させることと、運転手に歩行者を尊重させること」と話す。

しかし、実際に歩行者を優先するドライバーはわずかで、歩行者に構わずクラクションを鳴らしながら走り抜ける自動車やバイクが後を絶たないのが現状だ。

24人の特別指導員は3人組に分かれ、ピニェイロス、ラパ、サンタナ、サント・アマーロ、ビラ・マリア、ブラス、ペーニャ、サンミゲル・パウリスタ各区に配置され、歩行者優先の呼び掛けを行う。ただし指導員は原則的に、歩行者を優先しないドライバーらを罰する権限は持たない。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10816/cat/1