ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル、13年に電気料金26%値下がり―配電会社調査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




以前から話は出ていた電気料金値下げの件ですが、来年の電気料金は26%値下げ!一般家庭で16.2%、産業向けで28%!これは助かりますねー。来年と言わずに今すぐ始めて欲しいですね。

—————————————————————————————————
■ブラジル、13年に電気料金26%値下がり―配電会社調査

 ブラジル配電会社協会(ABRADEE)が前週末に発表した電気料金に関する調査結果によると、官民連携(PPP)のコンセション方式(建設後、一定期間の独占的営業権が与えられて事業を運営する方式)で電力が供給されている地域の発電・配電コストの見直しと、政府が9月11日に追加景気刺激策として決めた家庭向けで16.2%、産業向けで28%の電気料金引き下げの相乗効果で、末端の需要家が13年から支払う電気料金は平均で26%値下がりする見通しだ。オ・エスタド・ジ・サンパウロ紙(電子版)が5日に伝えた。

 調査結果によると、一般家庭向けの電気料金は25%減少するとしており、内訳は配電で9%、発電で11%、送電で5%の減少。また、オフィスビルやスーパーなどの需要家は26%の削減、大規模な生産工場などの需要家は27%の削減になるとしている。特に、コンセション方式の電力会社に対する発電・配電コストの見直しによる引き下げ効果は産業用よりも送配電系統の利用が多い一般家庭に大きく現れるという。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1009%2Fstockname_1009_014%2F0%2F1/