ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

市長・市議統一選挙 聖市議選、大田氏ら3氏が当選


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




改めてこうして見てみると、ブラジルの政界(と呼んでいいのかは分かりませんが)には日系人も本当に多く関わってますね。市長にも数多く当選してます。おめでとうございます!

—————————————————————————————————
■市長・市議統一選挙 聖市議選、大田氏ら3氏が当選

 7日、市長・市議の全国統一選挙が実施され、サンパウロ市議は55議席中、28人の日系候補が乱立した結果、大田マサタカ(PSB)、野村アウレリオ(PSDB、現職)、羽藤ジェオルジ(PMDB)の3氏が当選。有力視されていた神谷牛太郎氏(PSD、現職)、小林ビットル氏(PSD)は落選した。聖市近郊では、安部順二連邦下議の子息でモジ・ダス・クルーゼス市議に立候補した安部ジュリアーノ氏(PSD)がトップ初当選。また市長選では、スザノ市のトクズミ・パウロ氏(PSDB)が当選したほか、北伯パラー州イガラッペアスー現職の上杉サンドラ氏(PR)が2期目当選。さらに、ミナス・ジェライス州ジャナウーバ市長に新人の山田勇次氏(PRP)が初当選した。

◆日系市議
聖市議選では大田氏が55議席中、上位から7番目で日系候補者ではトップの6万2693票を獲得。野村氏(2万9236票)、羽藤氏(2万4611票)もそれぞれ当選した。現職で5期目を目指した神谷氏は2万2683票で惜しくも落選。小林氏も1万9198票と及ばなかった。

聖市近郊及び聖州各都市では、スザノ市議選(21議席)でアンザイ・クラウジオ氏(PSDB)が1267票で当選。日系人が集住するモジ・ダス・クルーゼスの市議選(23議席)では、安部順二下議の子息である安部氏が5923票でトップ当選。サカイ・サダオ(PR、3351票)、三宅クラウジオ(PSD、3181票)、コムラ・ペドロ(PSDB、2689票)の3氏を合わせた計4氏が当選し、日系の力を見せつけた。

またサンベルナルド・ド・カンポ市議選(28議席)は、同市会議長経験者で現職の南洋行(みなみ・ひろゆき)氏(PSDB)が6264票で貫録のトップ当選。宮口マウロ氏(DEM、2695票)も当選した。

さらに、サントス市議選(21議席)で現職の中井サダオ氏(PSDB、6253票)、レジストロ市議選(13議席)で川本イネス氏(PSDB、1015票)がそれぞれトップ当選。プロミッソン市議選(13議席)でも安永エジソン氏(PSD)が373票で当選している。

パラナ州ロンドリーナ市議選(19議席)では、金城ロベルト氏(PSDB、3929票)と高橋マリオネット氏(PV、1146票)がそれぞれ当選。アサイ市議選(9議席)でも、佐藤エンリケ氏(DEM、639票)が当選した。マリンガ市議選(15議席)では、細川マリオ氏(PMDB、3804票)が落選。サンタ・カタリーナ州都フロリアノーポリス市議選では、オダ・カツミ・ロベルト氏(PSB)が2321票で当選している。

南マット・グロッソ州では、カンポ・グランデ市議選(29議席)で島袋エジソン氏(PTB、2828票)、ドウラードス市議選(19議席)で石井エリアス氏(PT、1907票)がそれぞれ当選。

アマゾナス州マナウス市議選(41議席)では、ミキ・マサミ氏(PSL、5679票)、パラー州トメアスー市議選でカトウ・イチゾウ・ウンベルト氏(PV、585票)、ロライマ州ボア・ビスタ市議選でエダ・マサミ氏(PMDB、2581票)がそれぞれ当選した。

聖州内の主な市議当選者は次の通り(敬称略)。

ジアデマ=ヨシオ・リカルド(PDT、4197票)。オザスコ=ファビオ・ヤマト(PSDC、 5282票)。プライア・グランデ=ヨナミネ・カツ(PSDB、2949票)。カフェランジア=アンザイ・ヌネス(PDT、507票)。ミランドーポリ ス=イケジリ・アケミ(PMDB、675票)。ビリグイ=クマザワ・リカルド(PT、893票)。マリリア=タカオカ・セルジオ(PSB、2125票)。 サンジョゼ・ドス・カンポス=オムラ・ナオミ(PT、8355票)。

◆日系市長 
市長選では、聖市近郊スザノ市のトクズミ・パウロ氏(PSDB)が4万7386票を獲得して当選したほか、北伯パラー州イガラッペアスー市現職の上杉サンドラ氏が1万479票で2期目当選を果たした。

さらに、ミナス州ジャナウーバ市長選では、「バナナ王」と称される日本人農業生産者の山田勇次氏(65、北海道、帰化人)が1万4605票と現職(1万4260票)をわずか345票差で抑えて初当選の快挙となった。

そのほか、聖州内の主な日系市長当選者は次の通り(敬称略)。

アンドラジーナ=オノ・ジャミール(PT、2万1440票)。カイエイラス=ハマモト・ロベルト(PSD、1万8523票)。カジャチ=コガ・ルイス (PSDB、1万1546)。イタクアケセツーバ=ナカシマ・マモル(PTN、8万1759票)。ノーボ・オリゾンテ=トヨタ・トシオ(PPS、1万 8649票)。ペレイラ・バレット=エノモト・アルナルド(PSDB、7821票)。ポンペイア=ヤスダ・オスカル(PP、6661票)。サンミゲル・ア ルカンジョ=コダワラ・ゼー氏(PTB、7289票)。バルパライゾ=ヒグチ・ユキオ・マルコス(PSDB、8746票)。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10829/cat/105