ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

[海外オカルト事件簿] 子どもを殺し、食べ、悪魔の生贄に……上等宇宙連合・少年連続殺人事件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




もはや20年以上も前の話ではありますが、こんな事件があったんですね、アマゾンで…そしてこの女教祖は今もまだアルゼンチンで生きている、と。おそろしや…

—————————————————————————————————
■[海外オカルト事件簿] 子どもを殺し、食べ、悪魔の生贄に……上等宇宙連合・少年連続殺人事件

 ブラジルのアマゾンで、1989年から1992年の間に、8~13歳までの少年が次々と行方不明になるという事件が発生した。いなくなった少年の何人かは遺体となって発見されたのだが、拷問・性的虐待された上に、身体を切り刻まれ、バラバラにされていた。さらに、遺体からは臓器や生殖器が切り取られており、地域の住民を恐怖に陥れた。

 地元警察は犯人の目星がつかず頭を抱えていたが、92年、命からがら逃げてきた少年の証言が突破口になった。身の毛もよだつような拷問殺人を少年たちに行ったのは、「上等宇宙連合」というカルト集団の女リーダーであるヴァレンティーナ・デ・アンドラーデと、信者たち6人。アルゼンチンへ逃亡したヴァレンティーナを除く5人はすぐに逮捕され、裁判にかけられた。法廷では、ヴァレンティーナに見捨てられた信者たちが、カルトの異常性を次々と証言。子どもを敵だとし、生贄として悪魔に捧げるという恐ろしい上等宇宙連合の実態が明かされたのだった。

 上等宇宙連合というカルトは、どうやって誕生したのか? どうして300人もの信者を集められたのか? そして、なぜ子どもたちを次々と殺害するようになったのだろうか?

 上等宇宙連合の創設者で女教祖であるヴァレンティーナ・デ・アンドラーデが、人々に説教をし始めたのは81年、48歳の時だった。宇宙人からのメッセージを当時結婚していたアルゼンチン人の夫、ロバート・オリベラを通して受け取るようになったと言い、そのメッセージを語りだしたのだ。彼女は昔から占い師まがいのことをしており、地域の住民から「透視力がある」「占い能力がある」と注目されていた。そのため、「宇宙人から自分だけに発せられたメッセージを受けるようになった」と言いだした時、多くの人々がその言葉を真に受けたのである。

 宇宙からのメッセージを“伝道”するようになった彼女は、間もなくして、宇宙人から得た情報を世界中に広めるという使命を遂行する活動を始めた。彼女は宇宙人のメッセージを『God, the Big Farce(神、最大の茶番劇)』という本にまとめているのだが、そこには「神は存在しない」「イエス・キリストは宇宙人である」「宇宙の実体は“光と愛、そして真実”。それは私である」と明記されている。メッセージは奇想天外なものばかりだが、ヴァレンティーナにはその手の能力があり、宇宙に精通していると信じられていたため、「すごい人がいる」「彼女こそがメシアだ」という口コミが、あっという間に広がったのだった。

 「宇宙人からのメッセージ」を信じる者が増えたことを受けて、84年、ヴァレンティーナはアルゼンチンの官庁都市ラプラタを拠点に、新興宗教団体、上等宇宙連合(スーペリアー・ユニバーサル・アライメント)を創設した。そして、「1986年に地球が滅亡する。しかし、上等宇宙連合信者だけが宇宙船により助けられる」というメッセージを柱に、ブラジルとアルゼンチンで伝道活動を活発に行うようになった。

 ヴァレンティーナはこの頃、上等宇宙連合のもう1つの柱となる、「子どもたちは悪魔の生まれ変わりだ」というメッセージを宇宙の神から受け取ったと言うようになった。そして、「我が子を捨てること」を入信の条件に挙げ、「1981年以降に誕生した子どもは100%悪魔だ。抹殺しなければならない」と主張。「上等宇宙連合を信奉する者だけが宇宙船に乗り、差し迫る地球滅亡から脱出することができるのだ」と説くようになった。地球滅亡の年が近づくと、信者たちはアメリカの秘密結社「白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)」のようなガウンを着用させられ、黒魔術儀式を行うよう指示された。時間がたつにつれうさんくささを増し、カルトのほか何ものでもないという内容になっていったのだが、信者は急増。ブラジルとアルゼンチンで300人もの信者を集めたと伝えられている。

 地球滅亡の年である1986年が来ても何も起こらなかったことがきっかけで、上等宇宙連合は狂気の道を突き進むことになる。多くの黙示系カルトは、滅亡の日が過ぎると信者が離れていくことになるのだが、上等宇宙連合の信者は違った。「この世を最大限に楽しみながら生きることをしなかったからだ」「宇宙の神に、自分たちは助ける価値などないと証明してしまった。宇宙人から見捨てられたのだ!」と焦り、嘆くようになったのだ。多くの信者たちは彼女の巧みな言葉にマインドコントロールされていたため、忠実に次の指示を待った。そして89年、アマゾンのアルタミラに住む子どもたちが1人、また1人と行方不明になるという事件が発生したのだ。

 89年から92年もの間、アルタミラに住む19人の子どもたちが行方不明となり、うち5人が遺体となって発見された。子どもたちは靴磨きをしながら生活しているような貧しい家庭の少年ばかりで、年齢は8~13歳までと限定されていた。遺体には、拷問され、強姦された痕や多数の刺し傷が残り、バラバラにされていた。また、心臓や肺などの生死に関わる臓器や、目、生殖器が取り除かれており、遺体発見現場付近をくまなく探しても、それらは発見できなかった。街はパニックに陥り、警察はぞれぞれを別々の事件として調査を開始。臓器売買が目的ならば、なぜ拷問や強姦されているのか謎だらけであり、警察は早々、壁にぶち当たってしまった。

 その壁をぶち壊したのは、殺害されるすんでのところで逃げることができた、9歳のヴァンダレイ・ピニェイロという名の少年であった。彼は警察に、「地元の大金持ちの息子と2人の医者、警察官、そしてヴァレンティーナによって捕まえられた」と証言したのだ。ヴァンダレイの話を元に捜査を行った結果、上等宇宙連合が少年たちを誘拐し、悪魔の生贄として捧げ、さらにその肉を食べたことが判明。残った臓器は、同カルトの信者であった2人の医者の提案と手配により、ブラックマーケットに売り飛ばされていたことが明らかになった。ヴァレンティーナ、2人の医師、元軍警察の下士官と警備員、地元名士の息子の6人に逮捕状が出され、翌93年、ヴァレンティーナを除く5人が逮捕された。

 逮捕された5人は、立件できた5人の少年たちへの殺人罪、殺人未遂罪、拷問罪で起訴された。5人の少年のうち3人が遺体となって発見されたが、ヴァンダレイともう1人の少年は脱出することに成功。2人は証人として裁判に立った。2003年8月、5人の被告のうち、少年の臓器と生殖器を切り取った医師2人を含む4人が禁錮35~77年を命じられ、残る1人は同年12月に無罪判決を受けた。無罪判決を受けたのは名士の息子だとされており、コネを使ったと陰でささやかれている。

 5人の少年に対する犯行でしか裁かれなかった被告たち。しかし、最低でも19人を誘拐し、悪魔への生贄にしたとみられている。警察は19人のうち、6人は死亡、5人は今もなお遺体が発見されておらず、残りの8人は助かったと推測しているが、生き残った少年の中には薬物漬けにされていたり、性的虐待を受けるなど痛めつけられた子が多く、証言台に立たせたくないと家族が二の足を踏み、裁判にできなかったそうだ。

 今なお、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの三国の警察から追跡されているヴァレンティーナは現在85歳。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、信者に囲まれながら生活している可能性が高いと報じられている。すみかは信者が提供した家で、生活に必要な金はすべて信者が提供。かなりいい暮らしをしているそうだ。ラスベガスへ旅行に行ったという情報もあるが、教団はこれを否定している。
 
 上等宇宙連合は、現在インターネットで普及活動を行っており、ヴァレンティーナも宇宙人の言葉を伝道するなど、現役の教祖として活動を続けている。再び、狂気的な事件を起こすのではないかと警察にマークされ、アルゼンチンの住民を脅えさせているようだ。

http://happism.cyzowoman.com/2012/10/post_1368.html