ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

BRICS、新基金を創設 緊急時に流動性資金融通


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




マンテガ財務相、今日本にいるんですね。都内で記者団に語ったそうです。BRICSの新しい基金を創設する、と。世界に対して良い影響を与えられるといいですね。

—————————————————————————————————
■BRICS、新基金を創設 緊急時に流動性資金融通

 国際通貨基金(IMF)・世界銀行の総会に合わせ訪日したブラジルのマンテガ財務相は11日、東京都内で記者団に対し、都内で行われたBRICS5カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)の協議で、緊急時に通貨スワップにより資金を融通するための基金を創設することで合意したと明らかにした。

 同相は「われわれは基金の創設に向け前進し、5カ国すべてが合意した。どの国も支援を必要としていない今こそが合意の最良のタイミングだ」と述べた。

 新基金は日本、中国、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国が、経済危機発生時に外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアチブ」をモデルにするという。チェンマイ・イニシアチブの協定締結国は金融危機の際に流動性資金を融通する枠を、今年5月に2400億ドル(約18兆7000億円)に倍増することで合意した。

 同相は「緊急基金は通常、前面に出ないため仮想の資源であり、必要になったときだけ用意される」と説明した上で、新基金はなお計画段階にあり、実現には各国で議会承認が必要になるとの見通しを示した。BRICS4カ国は来月、メキシコで次回の会合を行い、詰めの協議を行うという。

 一方、同相は10日のブラジル中銀による利下げにふれ、利下げは、通貨レアルへの投機的な買いを減少させるためレアル高を抑制することができるとの認識を示した。レアル相場は昨年8月に同国中銀が金融緩和に踏み切って以来、約22%下落し、主要16通貨で最大の下げ幅となっている。(ブルームバーグ Matthew Bristow)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121012/mcb1210120504019-n1.htm