ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

搭乗率が過去最高 国内線需要6.7%拡大


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




搭乗率が約73%で過去最高だそうです。国際線は落ちているようですが、国内線は伸びてますね。そんな中でもGol航空は一人、前月比でマイナスのようで、厳しいですね…

—————————————————————————————————
■搭乗率が過去最高 国内線需要6.7%拡大

 民間航空庁(Anac)は9月25日、8月の国内線航空需要は昨年同月に比べて6.72%拡大し、搭乗率は8月としては過去最高の72.83%を記録したと発表した。2007年8月に前月比21・86%増を記録して以降13.44%増だった昨年までの5年間、対前月比で10%を超える拡大を続けていた供給は0.6%の増加にとどまった。1~8月累計では、需要は昨年同期比7.26%増、供給は同6.51%増。一方の国際線は、8月の需要は昨年同月比2.65%減、供給は同3・77%減。8月までの今年累計では、需要は昨年同期比0.18%増加、供給は同2・05%の減少。

国内線市場におけるシェアが1%を超える航空会社6社の中では、アビアンカ航空(Avianca)が最も大きい前月比53.2%の拡大を記録。それに次ぐトリップ航空(Trip)は45・77%増、タン航空(TAM)は12.58%増、ゴル航空(Gol)は6.32%減だった。8月単月のシェアはタンが40.55%、ゴルが34.14%、アビアンカが5・10%、トリップが4.69%。昨年8月のシェアはゴルが38.89%、タンが38.45%だった。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10871/menu/10/cat/95