ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルのサッカークラブを明石に 拠点誘致始まる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




こんな動きがあったんですね。インテルナシオナルの活動拠点が明石に出来るかもしれない、と。でもいいですね、1人の少年をキッカケにこういった交流が広がって行くのは。素敵です。

—————————————————————————————————
■ブラジルのサッカークラブを明石に 拠点誘致始まる

 ブラジルの名門サッカークラブ「SCインテルナシオナル」に、兵庫県明石市を日本での活動拠点にしてもらおうと、同市のサッカー関係者や若手商業者らが取り組みを進めている。日本での有望選手発掘を狙う同クラブと明石側は今月、「インテルナシオナル・ジャパン・プロジェクト」を始動。その第1弾として、21日には同市内で、同クラブ関係者が指導する小学生対象のサッカー教室が開かれる。(広畑千春)

 同クラブは、クラブ世界一を争うトヨタ・クラブワールドカップで2006年に優勝。ドゥンガ元ブラジル代表監督もかつて在籍するなど、世界のトップクラブとして知られる。ブラジル南部の都市・ポルトアレグレを本拠地にしている。

 明石との縁は、同市立人丸小学校出身の勝矢剣心君(13)が今年3月、ブラジルにサッカー留学したのが始まり。日本やアジアでの人材発掘、ファン層拡大を目指し、活動拠点を探していたクラブ側が「明石」の存在に目を留めた。

 7月には同クラブの関係者が明石市役所を表敬訪問。これを機に、勝矢君の留学の窓口になったサッカー指導者らが一般社団法人「フォンテ・フェリス」を立ち上げ、クラブ側と協議にあたるとともに、若手商業者らでつくる「町衆明石」も「まち全体で盛り上げ、明石活性化の起爆剤に」と全面的に支援してきた。

 そして今月、3者が協力してサッカーと文化交流を目指す「インテルナシオナル・ジャパン・プロジェクト」を発足。同クラブの活動拠点が正式に明石に開設されれば、日本では初めてという。

 今後も同クラブ関係者によるサッカー教室などを開く予定で、同市サッカー協会の溝口薫会長(61)は「選手も指導者も世界トップクラスの技を間近に見て学び、明石のサッカーがさらに盛り上がってほしい」。フォンテ・フェリスの若原宏昌さん(30)は「ブラジルと日本との懸け橋にもなっていきたい」と話している。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0005447493.shtml