ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

国内で相次ぐ医療ミス コーヒー牛乳を静脈注入


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




僕には全く意味が分からないのですが(笑)、何をどうしたら珈琲牛乳を静脈に注入するという「ミス」が起こるのでしょうか…???その前にはスープを注入という「ミス」もあったそうで…恐るべし、ブラジル医療。。。

—————————————————————————————————
■国内で相次ぐ医療ミス コーヒー牛乳を静脈注入

 リオ市バイシャーダ・フルミネンセ区の医療施設で14日午後、80歳の入院患者がミルク入りコーヒーを静脈に注入されるという医療ミスによって死亡した。15日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。

被害者のパルメリナ・リベイロさんは、腎不全により10日前から入院していた。遺族の証言によると、パルメリナさんは静脈注射後にけいれんを起こし、4時間後に死亡したという。なお、遺族らは既に病院側を告訴している。

近年、伯国では医療ミスによる死亡事故が続発している。リオ州バラ・マンサ市サンタ・カーザ病院で今月7日にも、89歳の入院患者の静脈に誤ってスープを注入して死亡させた医療ミスが起きた。さらに聖州サンジョゼ・ドス・カンポス市緊急病院で8月には、生後40日の乳児の静脈への投薬を医師が誤って動脈にしてしまったため、右腕の切断を余儀なくされる医療事故も起きていた。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10946/menu/9/cat/1