ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

中南米債券投資の重点、ブラジルからメキシコにシフト―HSBC


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あちゃー、投資のメインが、ブラジルからメキシコにシフトですか…まぁ現状でいくとしょうがないんですかね…今後またより戻してくることを待ちますかね。

—————————————————————————————————
■中南米債券投資の重点、ブラジルからメキシコにシフト―HSBC

 英金融大手HSBCの為替ストラテジスト、マージョリー・エルナンデス氏は、外国投資家による中南米の債券市場に対する投資の中心がブラジルからメキシコに移ってきたと指摘している。中南米専門の通信社メルコプレス(電子版)が17日に伝えた。

 HSBCによると、外国投資家のメキシコの債券保有額は10年初めから今年8月までの約3年間で約3倍の650億ドル(約5兆1400億円)に達しており、外国投資家がより高い投資運用リターンを求めてメキシコの債券市場に投資を拡大する一方、対照的にブラジル資産への投資は伸びが鈍化しているのが実態。特に、13年のメキシコ経済の成長率見通しがブラジルを上回ったこともあり、外国投資家のメキシコ選好を一段と強めているという。

 また、エルナンデス氏は、「ブラジルでは低成長や金利の引き下げ、増税、さらには中央銀行の積極的な為替介入が行われているのに対し、メキシコの経済ファンメンタルズはブラジルよりも良好で、中銀は市場と友好的な関係を維持している。しかも、メキシコは米国経済とのつながりが強く、今年のメキシコ経済が他の新興国に比べて堅調なこともメキシコへの債券投資を拡大させている」と指摘した。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1018%2Fstockname_1018_005%2F0%2F1/