ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

サッカーリーグの平均入場数、日本のJリーグは16,572人で世界12位


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




確かにブラジルのスタジアムに足を運んだ事のない方には、意外に感じてしまうかもしれませんね。ブラジルの観客入場者数は実は少ない、と。やはり「危険な場所」という認識が強いですしね…特に、本来であれば「好カード」とであるはずのライバル同士の試合などは、一段と危険度も増しますし…ブラジルサッカー発展のためには、このあたり、個人的には大きな課題な気がしますけどね…13位で日本より下ですもんね。。。

—————————————————————————————————
■サッカーリーグの平均入場数、日本のJリーグは16,572人で世界12位

ブラジルのコンサルタント会社PLURIが10月16日、世界各国のサッカーリーグの観客入場者数に関するデータや、TOP20ランキングを発表した。それによると、日本のJリーグは世界で12番目に多い平均入場者数を誇るという。

同社の発表によると、世界で最も多い平均入場者数を誇るリーグはドイツ1部ブンデスリーガの45,083人(スタジアム平均収容人数も48,658人と圧倒的な規模)。2位はイングランド1部プレミアリーグの34,604人、3位はスペイン1部リーガ・エスパニョーラの28,400人となっている。

これに4位メキシコ1部プリメーラ・ディビシオンの25,343人、5位イタリア1部セリエA(21,921人)がそれぞれ続き、“サッカー王国”として名を馳せるブラジル1部カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは14,897人で13位という意外な結果となった。

収容率に関しては、ブンデスリーガ、プレミアリーグ、オランダ1部エールディヴィジが90%越えという驚異的な数字を叩き出している。

アジアでは中国スーパーリーグの17,675人(10位)、Jリーグの16,572人(12位)のみがTOP20にランクイン。Jリーグは収容率で若干中国スーパーリーグを上回っているものの(52%)、それでもブンデスリーガ(93%)やプレミアリーグ(97%)といった世界のトップリーグと比べると大きな差をつけられている状況だ。

なお、J1リーグのスタジアム別に見た場合、J’s GOALによる今季のこれまでの平均入場者数TOP5は埼玉スタジアム(浦和レッドダイヤモンズ/32,420人)、日産スタジアム(横浜F・マリノス/26,421人)、エコパスタジアム(ジュビロ磐田/25,469人)、大阪長居スタジアム(セレッソ大阪/24,627人)、エコパスタジアム(清水エスパルス/23,188人)。

一方、ワースト5は佐賀県総合運動場陸上競技場(サガン鳥栖/5,432人)、札幌厚別公園競技場(コンサドーレ札幌/7,397人)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(大宮アルティージャ/10,012人)、キンチョウスタジアム(セレッソ大阪/10,611人)、ヤマハスタジアム(ジュビロ磐田/10,683人)となっている。

http://www.narinari.com/Nd/20121019323.html