ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

伯国民の結婚事情 事実婚が急速に増加 結婚相手は同人種、同学歴が主流


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




無宗教夫婦の事実婚比率、なんと60%!あれ?過半数超えてるじゃないですか。そして、なんだか今後もますます増えていきそうな気もします。個人的には良い流れかと^^

—————————————————————————————————
■伯国民の結婚事情 事実婚が急速に増加 結婚相手は同人種、同学歴が主流

ブラジル地理統計院(IBGE)が17日に公表した2010年度国勢調査の結果によると、伯国民は「理想の結婚相手」として同人種、同学歴のパートナーを重視する傾向が浮き彫りになった。また伯国では近年、事実婚(内縁)が増加しており、法律婚(届出婚)の割合は減少していることも明らかになった。17日付エスタード、フォーリャ両紙が報じた。

同人種をパートナーに選ぶ傾向が特に顕著なのは、白人男性(75・3%)と白人女性(73・7%)だった。これらの割合は、法律婚、宗教婚、事実婚などすべての婚姻関係のデータに基づいている。

このほか、白人女性と結婚した黒人男性は26・4%と少なく、黒人男性の72%が黒人女性または褐色人女性と結婚している。同様に白人男性と結婚した黒人女性は25・5%で、黒人女性の大半を占める73・2%が黒人男性または褐色人男性と結婚している。

専門家はこれらのデータについて、「伯国は人種間の格差に寛容な国だというイメージを持たれがちだが、それは上辺だけの印象に過ぎない。人種格差の問題はあらゆる場面で生じており、結婚にもそれが当てはまる」と述べた。

実際、異なる人種間での婚姻関係には大きな変動が見られなかった。白人男性と褐色人女性の夫婦の割合は2000年が17・4%、10年が20・4%にわずかに増加したのみで、反対のケース(白人女性と褐色人男性の夫婦)も00年の20・1%から10年の21・1%に増加したのみだった。

またパートナーの学歴については、大卒男性の47%、大卒女性の51・2%がやはり同じ大卒者と結婚している。さらに、小学校中退など教育レベルが一番低い層では、この傾向がさらに強くなっており、男性の82・9%、女性の85・3%が同じ教育レベルの配偶者を選択している。

IBGEによると、学歴が同レベルの人たちは所得や住んでいる地域などの環境が似ているため、結婚する確率も高いと考えられている。しかし黒人の場合は、総人口に対して占める割合が10%と低いため、同じ黒人の配偶者を選ぶことが困難になっているという。

◆事実婚が急増
さらに今回の調査では、婚姻届を出さないまま共同生活を営む事実婚の割合が10年は28・6%だったが、現在は36・4%に増加していることも示された。一方、法律婚と宗教婚の夫婦は49・4%から42・9%に減少した。

宗教別でみると、カトリック教徒の夫婦の場合は事実婚が37・5%で、プロテスタント教徒の夫婦は事実婚が26・5%となっている。また無宗教の夫婦の場合、事実婚は60%と高く、法律婚と宗教婚はわずか18・4%だった。事実婚は、特に若年層や貧困者層の間で増加している。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10969/cat/1