ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ワールドカップ・五輪特需、ブラジルが中国製品に期待


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラジル国民が中国製品に本当に期待しているのかは置いておいて、課題は「言葉の壁」と「時間感覚のズレ」だそうです。中国人からも「ブラジル人はのんびりしている」と言われてしまってますよ…^^;

—————————————————————————————————
■ワールドカップ・五輪特需、ブラジルが中国製品に期待

 BRICs諸国に含まれるブラジルは今後4年の間に、サッカーワールドカップとオリンピックという2つのスポーツの祭典を開催する。ブラジルはその準備段階において、「メイド・イン・チャイナ」に関心を寄せている。北京商報が伝えた。

 ブラジル中国工商総会(CCIBC)の孫秀娓・事務所マネージャーは取材に応じた際に、「ブラジルは現在、2014年のワールドカップと2016年のオリンピックに向けて工事を行っており、またサンパウロとリオデジャネイロの空港を拡張する必要がある。これにより建築企業および建設機械の需要が大幅に増加するだろう。当方はペルナンブーコ州工業連合会に対して、サプライヤー候補の中国企業を紹介している」と語った。

 中国国機重工集団の関係者は記者に対して、「当社がブラジル側と提携する可能性は高い。ブラジル企業は中国製品、特に建設機械と道路建設・メンテナンス設備に満足している。ワールドカップとオリンピックの準備期間中、ブラジルの多くのインフラ整備、重要プロジェクトが着工され、中国企業に多くの投資チャンスが生まれる」と述べた。

 生産設備の他に、ブラジルのクリーンエネルギー市場の潜在力も高い。ブラジルの大統領は国民全員に電力を提供する計画を発表したが、ブラジル北部のアマゾン川一帯では民家が分散化しており、直接的な送電に向いていない。そのため太陽光発電と風力発電が最良の選択肢となっている。中国は同分野で豊富な経験と開発力を持っている。また中国の太陽電池企業は欧米などの市場で進出を制限されており、ブラジル等の新興経済国に移転する絶好のチャンスと言える。

 市場が高い潜在力を持つ一方で、多くの問題も存在する。孫氏は言葉が最大の壁と指摘し、「ブラジルの公用語はポルトガル語で、現地で英語を理解する人が少ない。またポルトガル語を理解する人材が、中国で著しく不足している」と指摘した。

 また中国とブラジルの異なる貿易習慣も、二国間の貿易に「不調和」をもたらしている。孫氏は、「ブラジル人はのんびりしており、中国人はせっかちだ。そのため協議が成功裏に終わっても、帰国後にブラジル側からなかなか返事が得られず、中国企業が我慢の限界に達し、提携に終止符が打たれることが多い。ブラジルと提携する場合、中国企業は粘り強くなる必要がある」と提案した。(編集YF)

http://j.people.com.cn/94476/7986303.html