ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ビールに大きな可能性 今後10年で消費13倍に 「プレミアムビール」に大きな可能性


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




プレミアムビールの消費量が、今後13倍にまで伸びる、と。確かにこの領域は今後かなり伸びそうな雰囲気は感じますよね。ちょっと高価でも、質が高くて贅沢を味わえるような領域。興味深いですね。

—————————————————————————————————
■ビールに大きな可能性 今後10年で消費13倍に 「プレミアムビール」に大きな可能性

 日本のキリンホールディングスは昨年、ブラジル国内のビール市場でトップシェアを持つアンベブ(Ambev、シェア70%)に次ぐ第2位のスキンカリオール(Schincariol、同12%)を約3000億円という巨額の資金を投じて完全子会社化した。このことからも分かるように、ブラジルのビール市場は今後もさらに伸びるとみられているが、そのビールの中でも今後大きく市場を拡大させると注目されているのが「プレミアムビール」だ。15日付伯メディアは「プレミアムビール市場がブーム、企業家らを引き付けている」として、プレミアムビールの盛り上がりを伝えている。

世界第3位のビール市場を持つブラジルだが、高級とされる「プレミアムビール」部門はいまだ「準備中」の状態だ。プレミアムビールの消費量は現在、国内のビール消費量全体のわずか7%でしかないが、企業家らは次の10年間でこれを13倍に拡大させようともくろんでいる。「7%を13倍に─」となると、国内ビール市場はほぼプレミアムビールで占められることになるが、これについて、ビールを輸入・製造するオン・トレード社(On Trade)の共同経営者、マウリシオ・ノゲイラ氏は、「この割合(7%)には本来プレミアムビールの枠に入れることができない銘柄が含まれている。プレミアムビールの実際のシェアは、私は2%程度だとみている」と話している。

ブラジル市場では年平均で140億リットルものビールを消費する。「我々はバリエーションではドイツに負けるが、消費では負けていない」と、アルマンド・アルバレス・ペンテアード財団(FAAP)経営管理学のマーケティング・コーディネーターを務めるアルナルド・ボルゲス氏が話すように、品ぞろえはドイツほど豊富ではないが、飲む量は中国、米国に次ぐ世界第3位で、ドイツ(5位)を凌ぐ消費量を誇っている。

ドイツや米国以外に今後も成長を続けるビール市場は無いと見る専門家もいるが、ボルゲス氏は「ブラジルにおいては、所得が少し増加すればより高価なビールの消費は爆発する。だから多国籍の大手ビール会社はここでの市場シェアを求めて競い合っている」と述べ、低い失業率と最低賃金の上昇などに支えられる所得向上がプレミアムビール市場を拡大・成長させるとの考えを示している。

また、飲食料品市場専門のコンサルタント企業、コンセプト社(Concept)のアダルベルト・ビビアニ氏は、Cクラス(中所得層)が消費市場においてその存在を拡大させ始めたのと同時に、より多くの人たちが自身が望んでいた製品、すなわち人気銘柄で平均的価格のビールを求めるようになったと説明。この動きに伴って「A・Bクラス(富裕層)のビール消費者らは独占を望み、差別化されかつ排他的な製品へと関心を移し始める」と分析している。

「今後10年間で13倍に」シェアを拡大する計画は既に街角でも動き始めている。

料理人でグルメコンサルタントのロナルド・ロッシ氏はサンパウロ市内にプレミアムビール専門のバーを開店してまだ1年だが、その間に、当初は220種だっ た取り扱い銘柄を現在の480種にまで増やした。「(需要の)拡大は大きくて爆発的だ」と話すロッシ氏は、「これまでの間、多くの人が週当たり20レアル をビールに支出するようになった。飲み屋に行くたびに3本のビールを飲んでいた客が、私の店のカウンターに腰を下ろして1本のプレミアムビールを飲んで、 笑顔で出ていく。この客は『最高の1杯』が何であるのかを理解している」と話し、高価なプレミアムビールを飲む楽しみが庶民の間に広がり始めている様子を 紹介している。

ベルギーチョコレートの輸入に携わる目的で2010年に来伯したベルギー人のアルナウド・ベルメイレ氏もまた、プレミアムビール のシェア拡大に一役買っている。現在、彼の主要な商品は「チョコレート」ではなく「ビール」となっており、同氏のビジネスの90%はベルギー産プレミアム ビールの輸入が占めているという。チョコレートからビールへ早々と乗り換えたベルメイレ氏は、「ビールと同様の利益を得るためには我々は大量のチョコレー トを売らなければならない」と乗り換えの理由を説明し、「チョコレートはサンパウロ向けだけに輸入していたが、ビールはリオ、リオ・グランデ・ド・スル、 ベロ・オリゾンテ、ベレン、サンタ・カタリーナからの発注もある」と話している。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11028/menu/10/cat/95