ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル中銀、経営再建中の中堅行バンコBVAを支配下に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




バンコBVAが、新しい投資家が現れなければ精算になりそう、とのことです。誰か手を挙げるところはあるんですかね。ちょっと厳しいかもしれませんね。。。

—————————————————————————————————
■ブラジル中銀、経営再建中の中堅行バンコBVAを支配下に

 ブラジル中央銀行は前週末、10年から公的資金注入など国の金融支援を受けて経営再建中だった国内7位の中堅行バンコBVAの経営継続が困難になったとして支配下に置いたことを明らかにした。

 中銀は同行の財政状況が悪化したことや自己資本比率が低下したことから同行を支配下に置いたとしている。同行の6月末現在の自己資本比率は9.5%と、規定の11%を下回っている。同行はリオデジャネイロに本社を構え、サンパウロ州やミナスジェライス州にも支店を持っており、中堅企業への貸し出しが専門。資産規模はブラジル銀行界全体の0.17%、また、預金残高は0.24%を占める。

 中南米専門の通信社メルコプレス(電子版)によると、中銀は同行の新経営トップにエドゥアルド・フェリックス・ビアンキーニ氏を指名した。ブラジル信用格付け大手オースチン・レーティングのアナリストは、同行の今後のあり方については、十分な自己資本がないため、清算に向かうか、新しい投資家への身売りの2つの選択肢しかないとしている。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F1024%2Fstockname_1024_011%2F0%2F1/