ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ドキュメンタリーで「初体験、売ります」 ブラジル女子大生の権利を日本人が落札


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「ブラジル人女子大生の処女を日本人が6200万円で落札」というところばかりが注目されていますが、同時に起きている「オーストラリア人男子大学生の童貞をブラジル人女性が24万円で落札」というのも、それはそれでビッグニュースだと個人的には思ったりします。だって24万円ですよ!童貞を喪失しながら、なんと24万円をもらえるんですよ!
というわけで、日本に住む童貞大学生のみなさん、ブラジルに来てみてはいかがですか?笑
それにしても昨晩はこの話題で持ち切りでしたね。日本のGoogle Hot Trendsでも「カタリナ・ミグリオリニ」が一時期TOPでしたし。(みなさん写真を探してたのかな?)

—————————————————————————————————
■ドキュメンタリーで「初体験、売ります」 ブラジル女子大生の権利を日本人が落札

【10月25日 AFP】(一部更新、写真追加)ブラジルの20歳の女子大学生が、オーストラリア人監督によるドキュメンタリー映画の中での「初体験」をインターネット競売にかけ、78万米ドル(約6200万円)で日本人男性が「落札」した。

 映画『Virgins Wanted(処女/童貞求む)』のウェブサイトによると、このブラジル人学生はカタリーナ・ミリオリーニ(Catarina Migliorini)さん(20)。オークションにはブラジルを中心にオーストラリア、米国、インドなどから15人の入札があり、日本人男性の「Natsu(ナツ)」氏が24日夜、落札者となったという。

 一方、この競売では男性の「初体験」も売りに出されたが、シドニー(Sydney)在住の学生アレックス・ステパノフ(Alex Stepanov)さん(21)の落札価格は3000米ドル(約24万円)だった。落札者はブラジル人女性だという。

 25日の豪メディア報道によると、ミリオリーニさんは航空機でオーストラリアへ向かうナツ氏の元に「届けbられ」、初体験の前と後にインタビューを受けるという。

 監督のジェーソン・シゼリー(Jason Sisely)氏は、豪報道サイトNinemsnに対し「オークションは昨夜、終了した。カタリーナはものすごくはしゃいでいる。ネットでブラジルにいる家族に伝えたところ、みんなも祝ってくれているそうだ」と語った。

 ミリオリーニさんの初体験喪失は今後数週間以内に予定されており、行為は「最後」まで行われるが、撮影はされない。また映画の宣伝効果とプライバシー保護のため場所は公開しないという。

 シゼリー監督は2009年に今回のドキュメンタリー映画の制作に着手した。シドニー(Sydney)やメルボルン(Melbourne)の街中に「Virgins Wanted」とのポスターが貼り出されると、世界中から大きな非難が浴びせられた。

 英大衆紙デーリー・メール(Daily Mail)によると、ミリオリーニさんに対しても「売春婦と変わらない」と批判が集まっている。しかし当のミリオリーニさんは同紙に、次のように反論している。

「これはビジネスだと思ってます。旅行をする機会が得られて、映画にも出演でき、それにボーナスまでつく」「人生に1度こういうことをしたからって、売春婦だというわけじゃない。素晴らしい写真が1枚撮れたからって、プロの写真家にはなれないのと同じでしょう」 (c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2909190/9734603