ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

中国自動車メーカーの長安と海馬、来年ブラジル市場に進出


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




来年の年初に長安汽車と海馬汽車がブラジル進出だそうです。中国の自動車メーカーも積極的に投資に踏み切っているようですね。日本のメーカーもおちおちしていられないですね…

—————————————————————————————————
■中国自動車メーカーの長安と海馬、来年ブラジル市場に進出

【新華社ブラジリア10月23日=劉トウ】 ブラジルの大手自動車ディーラー、Districar社がサンパウロで23日、2013年初めに中国の自動車メーカー、長安汽車と海馬汽車がブラジル市場に進出すると発表した。長安はすでにブラジル工場の建設を計画しているという。2社は奇瑞、江淮、哈飛、金杯に続き、ブラジル市場に進出する中国の自動車メーカーとなる。

長安、海馬の自動車のブラジル向け販売を担当するDistricarによれば、長安は商用車の「欧諾(Honor)」と低価格車「奔奔MINI」をブラジルで発売し、年1万台の販売を見込む。海馬は「海馬2」「海馬3」「海馬7」を発売する。

Districarはまた、長安が年末にブラジル工場の投資計画を発表することを明らかにした。自国の自動車産業を確保するため、ブラジル政府は11年、国産化の条件を厳格化し、同時に輸入車には30%の工業製品税を課すことを決めた。

また、別の現地ディーラーは先ごろ、13年に中国の長城汽車の製品をブラジル市場に投入すると発表した。長城も現地での工場建設を視野に入れている。

09年以降、ブラジル市場に進出する中国の自動車メーカーが相次ぎ、好調に販売を伸ばしている。奇瑞のブラジル工場は既に着工し、13年に稼働の予定。江淮も投資計画を正式発表した。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/316816/