ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

新日鉄住金会長「南米の需要取り込み」 ブラジル製鉄所で式典


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ウジミナスが生産開始50周年だそうです、おめでとうございます!鉄鋼関係もなかなか厳しい状況ではあるようですが、新日鉄が住金と合併したことでもありますし、引き続き頑張って欲しいところですね。

—————————————————————————————————
■新日鉄住金会長「南米の需要取り込み」 ブラジル製鉄所で式典

 【ブラジル南東部イパチンガ=宮本英威】新日鉄住金が出資するブラジル鉄鋼大手のウジミナスは26日、生産開始から50年を記念した式典を開いた。主力のイパチンガ製鉄所(ミナスジェライス州)での式典には、新日鉄住金の宗岡正二会長が出席し「鉄鋼業の経営環境は厳しいが、コスト競争力を高めて南米の高級鋼需要を取り込みたい」とあいさつした。

 ウジミナスは新日鉄住金の持ち分法適用会社。ブラジル政府からの要請を受けて、日本政府や新日鉄住金の前身企業などが建設と運営に協力した。1962年10月にイパチンガ製鉄所の第一高炉に火入れした。

 昨年共同経営していたブラジルの財閥2グループが株式を売却。古くから協力関係にあったアルゼンチンのテルニウムが新たな株主となった。同社出身で1月から社長を務めるフリアン・エグレン氏は「新日本製鉄と住友金属工業の合併は当社にとっても有益だ」と話し、協力関係の強化に意欲を示した。

 従業員や取引先などが参加した式典ではウジミナスの歴史を振り返るビデオを上映。最初に日本で研修して事業の礎を築いた従業員も出席した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD2701X_X21C12A0TJC000/