ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

旭硝子、W杯ブラジル大会のライセンス権取得


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




お!旭硝子が2014年ブラジルW杯のスタジアム内のベンチの屋根を提供、そして大会ブランドのライセンス権を得たそうです。これ以外にもあちこちで、日本の技術が活躍するといいですね!

—————————————————————————————————
■旭硝子、W杯ブラジル大会のライセンス権取得

 旭硝子は30日、2014年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会ブランドを自社製品に使うライセンス権を得たと発表した。大会12会場のコートで選手が使うベンチ計24台向けに、ガラス製の屋根を提供する。BtoB(企業間取引)の素材メーカーが権利を得るのは初めてという。

 サッカーのベンチは1コートに2つあり、長さ約12メートル。屋根はこれまで樹脂製が主流だが、国際サッカー連盟(FIFA)はブラジル大会ではガラスを採用、メーカーに旭硝子を選んだ。同社製品の耐久性の高さなどが理由とみられる。

 旭硝子は製品開発を13年初頭にも終え、同年6月のコンフェデレーションズカップと、14年のW杯向けに提供する。大会ブランドを使い、同製品をほかのサッカーコート向けに売り込むことも検討している。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD300EI_Q2A031C1TJ1000/